Extensify (1)

Extensify : 脱獄無しでiPhoneを拡張するシンプルで使いやすいストアが一部で公開

数ヶ月の間、脱獄ツールが公開されておらず、相変わらずiOS 9.0.2より新しいデバイスでは脱獄が出来ない。しかし、海外メディアである9to5macによると、ストアアプリ「Extensify」をiPhoneにサイドロードすると、脱獄せずにiPhoneを拡張することができるようになると報じている。

 

脱獄をしていないため、システムレベルでの変更を行う脱獄アプリにかわるほどのことはできないが、脱獄しなくても拡張ができるのはうれしいことだ。

Extensify

動画は9to5macJeff Benjamin氏(元iDBライター)によるレビュー動画である。Extensifyは長い時間を書けて、開発者のMajd AlfhailyKevin Koによって開発してきた待望のアプリである。以前から開発途中のレビューなども公開されていたが、今週末ついに一部のユーザに限定で開始されたそうだ。Majd Alfhaily氏はSaveCloud、Gravitation、Cercubeなどの作者としても有名。

ExtensifyはApp Storeのアプリのプロパティを変更できる最高のTweakストアとして記載されている。
これまでのTweakは脱獄したiPhoneが必要となるが、Extensifyはこれまでと異なり、脱獄を必要とせずに動作する。Extensifyのインストール方法はiOSアプリをサイドロードするという方法で可能にしているようだ。

Extensifyをインストールすると、App Store内からインストールしたアプリをさらに便利にする拡張機能をインストールできるようになる。

Exo(s)

Extensify (6)

脱獄ではCydia Tweakというように呼ばれていたが、ExtensifyでTweakではなく、「Exo(エクソ/エキソ)」と呼ばれ、ユーザーはiOSデバイスに再度ロードしたExtensifyアプリを経由して、Exosの無料と有料の両方のバージョンダウンロードすることが出来る。

  • Cydia → Tweak(s)
  • Extensify → Exo(s)

というイメージだろうか。

これまでの脱獄と同じようにExtensifyアプリにExosの説明、スクリーンショット、価格などが細かく書かれている。さらに、Extensify内で検索するときなどに追加された日や最終更新日なども確認できる。そしてApp Storeのようにおすすめ「Featured」タブなども存在する。

拡張できるのはApp Store上で選択した無料アプリのみ使用可能。CydiaでのTweakとは異なり、ExtensifyはiOSのシステムの機能を変更することは出来ない

ビルドしてインストール

Extensify (4)

ExtensifyストアでインストールしたいExoを検索したら、ビルドを実行してインストールする必要がある。

Extensifyの作者は長期の脱獄コミュニティのメンバーでもあり、長年にわたって彼らの信頼性を証明しているが、Extensifyでも脱獄と同じような危険は存在する。

アプリはもともとiTunes経由でダウンロードされるが、ダウンロード自体はExtensifyのサーバーで行われる。ダウンロードされた後、選択された拡張は、パッケージが完全に書き戻される前に適用される。
Extensifyは、効率性と利便性のためにこのようなことを実行すると作者は述べている。また、アプリが拡張されている時はログイン資格情報を必要とする。

Extensify (7)

Extensify内でExoを見つけたら、ビルドセッションを開始するためにGetボタンをタップする。また複数のExoをインストールは、一度のビルドで複数のExoをインストールできるようになっているようだ。アプリがビルドされると、Extensifyはそれらをインストールするように促すメッセージが表示される。

 

数カ月前に公開されていた内容から変更されていなければ、まとめるとこうだ。

  1. Extensifyをダウンロード
  2. ログイン
  3. Extensifyストアでお気に入りのExo(拡張)を検索し、インストールしたいものをキュー
  4. ビルドを実行してインストール

アプリをビルドすると、それに一致するアプリがApp Storeからダウンロードされて新しい拡張されたバージョンのアプリがインストールされる。

拡張したアプリには「+」がつく

Extensify (5)
snapchatと拡張されたsnapchat+。

Extensifyによって変更されたアプリは、ホーム画面上でその名前の後ろに「+」が追加されている。もともとインストールされたアプリを拡張した場合は、拡張されていないバージョンと拡張されたバージョンの2つがホーム画面上に表示されることになる。

 

Extensifyの立ち上げとサインアップは、数日以内にこちらのウェブサイト上でユーザー向けに公開される。数十人のユーザーが毎週ランダムに選択されプロモーションコードが配布され、アプリを提供される。Extensifyが完全に起動したら、プラットフォーム上で利用可能な全ての拡張へのアクセスを可能にするための受信料が予想される。

開発者のためにこちらのExtensifyドキュメントページから拡張を作成する方法を学ぶこともできるようだ。

 

Extensifyは脱獄してインストールする脱獄アプリほどのものは期待できない。多くの脱獄アプリのようにシステムレベルでの変更を行うことはできないので、Extensifyは脱獄に変わるものではないが、脱獄できない今は、こういったものでもありがたいものだ。

 

その他の情報

  • PCは必要なくセットアップ可能
  • 対応iOSはiOS 8.0以降
  • iPhone, iPod Touchに対応
  • Exoの料金は開発者次第

 

 

追記:2016/03/03

Extensifyが開始され、使用しているユーザーの報告によると、Extensifyは3か月プランで$8.99であるようだ。また、現在利用可能なExoの数は26種類であることも報告されている。(フォーラム

 

 

9to5mac

 

– Ads & Featured Contrents –