cydia-compatible

iOS10.1の脱獄に成功した動画が新たに公開される。リリースについては…。

初めてiOS10がリリースされてからもうすぐ2か月が経とうとしている。最後に脱獄ツールがリリースされたのは、7月末のiOS9.2~iOS9.3.3向けのPanguであるが、iOS10用の脱獄ツールはいくつか噂があったものの、いずれも公開されていない状態である。

しかし、また新たなiOSハッカーが脱獄に成功しデモ動画を公開し話題になっている。

iOS10.1の脱獄デモ動画

今回また、新たなiOSハッカーである@ijapija00氏iOS10.1がインストールされているiPhone7Plusのデモ動画をYoutubeで公開していることが話題になっている。iOS10.1.1でも動作するとのこと。
記事公開時点ではiOS10.1.1が最新のiOSとなっており、もしこれが本当であれば最新のセキュリティを突破したということになる。

 

Substareteも動作するが完全脱獄ではない

さらに今回の動画は、iOS10.1でCydia Substrateが動作していることも確認できる。

動画の脱獄は完全脱獄ではなく、iOS9.3.3向けの脱獄ツールPanguと同じようにSemi-Untethered(半紐付き)脱獄となっており、再起動する度に脱獄させる必要がある。が、iOS9.3.3と同様で再脱獄のためにPCに接続する必要もなく、デバイス単体で再脱獄が可能だ。

 

現在は公開しないが…

現在公開していないが、まだ公開していない理由として以下のように述べているようだ。

  1. Cydia Substrateのパッチの問題。
  2. 1人の開発者として、他の人々のデバイスの責任を負いたくありません。(壊れてしまったりした場合など)
    脱獄プロセス自体に問題がある人と両方の問題を解決する時間はありません。
  3. この脱獄は安定している時とそうでないときがあります。Tweakのテスト用や個人的に使用するためのものであるし、リリースする準備ができていません。

パッチの問題の具体的な内容と、全ての理由はYoutubeの詳細に記載されている。

 

まとめ

脱獄アプリ(Amalthea)も開発していた@ijapija00氏だが、iOS10.1向けの脱獄ツールは完成した物の、現段階では公開していない。公開していない理由は上記のとおりだが、今後もリリースしないとも言っていないようだ。とはいえ、本物であるかどうかはわかっていない。

Panguチームも新たな情報が入ってきていないが、Panguチームに期待したい。本物であればijapija00氏にも期待したいところだ。

また、iOS10の脱獄状況、これまでの情報は以下のページでまとめているので参考にしていただきたい。

 

参考・情報

– Ads & Featured Contrents –