cortana-black-white

Windows10でCortanaを無効または有効にする方法(コルタナ)

Cortana(コルタナ)は、Windows10で登場した機能で、様々な作業を手助けしてくれる。マイクに話しかけることでメールやメッセージを送信したり、リマインダーの登録、ウェブで検索、アラームの設定、アプリケーションを開くなど、多くの操作が可能である。

しかし、Cortanaを使用しないユーザーにとっては無効にしたいということもあるだろう。ここでは、Windows10のCortanaを無効または有効にする方法を簡単に説明する。

 

コルタナについてはコチラ

注意:

  • この方法は、Cortana(コルタナ)パーソナルアシスタントを無効にするだけで、Cortanaのプロセス(SearchUI.exe)はWindows Searchにより使用されます。
  • Cortanaを無効にした場合は、検索ボックスの代わりに、タスクバー上のコルタナのアイコン上の検索アイコンまたは検索アイコンが表示されます。

方法1:グループポリシーを使用して、Cortanaを有効または無効にする

注意:

ここの方法1で使用するローカルグループポリシーエディタは以下のエディションでのみ利用可能です。

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Education

方法2はすべてのエディションで使用可能です。

  1. gpedit_msc
    1
    ローカルグループポリシーエディタを開く

    スタートメニューまたは検索(Win+R)で「gpedit.msc」と入力し、ローカル グループポリシーエディターを開く。

  2. disable-cortana-2
    2
    ローカルグループポリシーエディタで検索に移動

    ローカルグループポリシーエディタを開いたら、左側のウィンドウで以下の順でクリックして移動する。
    コンピュータの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>検索
    次に、「Cortanaを許可する」をダブルクリックする。(もしくは「Cortanaを許可する」クリック後「ポリシー設定の編集」を選択する。)

  3. disable-cortana-3
    3
    無効または有効にチェックを入れる

    左上の「Cortanaを許可する」のオプションの3つのうちのいずれか1つを選択する。
    Cortanaを有効にする場合は「未構成」または「有効」にチェックを入れてOKボタンを、
    Cortanaを無効にしたい場合は「無効」にチェックを入れてOKボタンをクリックする。
    ※デフォルト設定は「未構成」

    変更後、ローカルセキュリティポリシーエディタを終了し、エクスプローラを再起動またはサインアウト・サインインまたはPCを再起動する。

方法2:REGファイルを使用して、Cortanaを有効または無効にする

  1. disable-cortana-2-1
    1
    REGファイルをダブルクリックして実行

    Cortanaを無効にする場合
    以下から.regファイルをダウンロードしダブルクリックし、実行するだけで無効にすることができる。
    download

    Cortanaを有効にする場合(デフォルト)
    再びデフォルトに戻したい場合は、以下らregファイルをダウンロードし、ダブルクリックして実行するだけで有効にすることができる。
    download

    変更後は、エクスプローラを再起動またはサインアウト・サインインまたはPCを再起動する。

     

    また、ここでの手順は、レジストリエディタで直接入力することでも可能だ。
    スタートメニューから「regedit」と入力しレジストリエディターを開き、以下の場所に移動する。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search

    AllowCortanaという名前で追加または変更する。種類はDWORD、値が0で無効、1で有効となる。AllowCortanaを削除することでも有効となる。(画像参照

     

出典または引用

– Ads & Featured Contrents –