Apple、iOS 9を発表。iPadでマルチタスクスプリットスクリーン、その他プロアクティブアシスタントなど

予想通り、Appleは本日WWDC 2015基調講演にてiOS 9を発表した。ティム・クックによる簡単な紹介に続いて、クレイグ·フェデリギが来たるiOSの重要な機能について説明した。

 

iOS 9での機能については以下のようなものが説明されていた。

Siri

iOS9-siri

AppleはiOS 9で、インテリジェンス、アプリケーション、iPadの機能などにフォーカスしている。いくつかのメディアで予想されていた通り、Siriは新たなインターフェイスとなっていた。

 

Proactive Assistant

プロアクティブアシスタントと呼ばれる新たな機能がiOS 9で登場する。ユーザーがこれまでに行なった行動を分析し、予想してくれる機能である。(例えばイヤホンを挿すとミュージックアプリが起動したり、来るまでiPhoneを接続するとオーディオブックが起動するなど)

 

メモアプリ

Notes-in-iOS-9

メモアプリにはフォーマットのオプションが追加され、チェックリストの入力や写真や画像のインポートをカメラロールなどから簡単に行なうことができるようになる。

また、共有メニューにもメモアプリが登場したり、手描きツールなども追加される。

 

マップアプリ

transit

iOS 9から地図アプリにtransit機能が追加される。これはいわゆる乗り換え案内の役割である。現在は限られた都市だけ利用可能であり、Tokyoの文字は見当たらなかったため現在は不明。

 

ニュースアプリ

新たなアプリで「ニュース」アプリが登場する。お気に入りのジャンルを指定して購読可能である。動画なども最大表示で再生されずにその場で再生されているデモが流れていたため、非常に使いやすいものになる可能性がある。

このアプリも日本でどの程度対応しているかは不明である。

 

iPadの改善

iOS 9ではショートカット機能をサポートするQuickTypeキーボードを含むいくつかの新たな機能がある。いくつかのメディアの噂通り、iPadは分割画面でのマルチタスクがサポートされている。

 

CarPlay

iOS 9でのCarPlayはコード無しでワイヤレスで行なうことができる。もちろん互換性のある車が必要となる。

 

その他

  • 改善された消費電力
  • 2段階認証のサポート
  • 「Passbook」は「Wallet」へ改称
  • 検索API公開

 

 

– Ads & Featured Contrents –