iPhone 3GS

iPhone 3Gや3GSはもはや時代遅れ?! 6月9日にサポート終了へ。

9To5Macの新たな情報では、Appleの内部文書によるといくつかのiPhoneやMacが「オブソリート」または「ビンテージ」と記載されており、サポートを終了するということがわかった。

 

ビンテージとなった場合、同社がサポートを提供するのはカリフォルニア州とトルコだけとなっており、これはもはやAppleの小売店での修理はできないということになる。

 

 

ビンテージ製品とはデバイスの製造中止から5年以上から7年未満のものとされており、トルコで購入したMacintosh製品または米国カリフォルニア州で購入された製品のみサポートを受けることが出来る。

 

オブソリート製品とは製造中止から7年以上が経過しているデバイスの事をさし、これらの製品は例外なくハードウェアサービスを終了している。

apple

 

no-repair-for-you-obsolete-iphone-mac

これらの製品はすべて2015年6月9日に移動することになり、Apple Storeまたは正規販売代理店などによる修理サポートを受けることができなくなる。しかし、AppleではAppleCareの顧客の電話によるサポートは提供し続けている。

以下が全てのリストである。

 

iPhone (Obsolete in AP/CN/EU/JP/LA and Apple Retail stores, vintage in U.S.)

  • iPhone 3G
  • iPhone 3G (China)
  • iPhone 3GS
  • iPhone 3GS (China)

iPhone (Obsolete in AP/CN/EU/JP/LA/U.S. and Apple Retail stores)

  • Original iPhone

Macs (Obsolete in AP/CN/EU/JP/LA/U.S. and Apple Retail stores)

  • MacBook Pro (17-inch, Mid-2009)
  • iMac (20-inch, Mid 2007)
  • iMac (24-inch, Mid 2007)
  • MacBook Pro (15-inch, 2.4/2.2GHZ)
  • MacBook Pro (17-inch, 2.4GHZ)

Other:

  • AirPort Express Base Station
  • Xserve (Late 2006)
  • Xserve RAID (SFP, Late 2004)

 

9to5mac

 

– Ads & Featured Contrents –