iOS-9-logo

iOS 9の新たな特徴でWWDCで詳しく説明されなかったもの

Appleは本日WWDC 2015基調講演の時に開発者向けにiOS 9 betaをリリースした。これにはいくつかの大きな変更や改善の他、小さな便利な機能が含まれる。

 

基調講演では時間の都合もあり詳しく説明されていないものがいくつかある。実際に使用したiOS 9で確認できたいくつかの機能をiPhoneHacksが紹介している。

 

低電力モード

battery-settings

まず1つ目は、低電力モード。この機能はバッテリー消費を軽減させるためにある機能で、オンにするとメールの取得、Appのバックグラウンド更新やモーションエフェクト、壁紙のアニメーションが無効になる。

また標準では緑色のバッテリーカラーであるが、有効にすることで黄色いバッテリーカラーになる。

 

説明のようにメールが自動取得されないため手動で更新を行わなければならないので注意が必要だ。

 

iCloud Driveアプリ 

icloud-drive-app

以前から多くのメディアで噂されていたiCloud Driveアプリがついにスタンドアロンアプリとして登場している。

このアプリを起動させることでiCloud Drive内のファイルに簡単にアクセスすることができ、そのまま共有できたり、削除などを行える。現在のところ基本的な機能しかついていないようだ。

 

またiCloud DriveはiOS 9にアップデートするだけで表示されるのではなく、設定アプリ内の設定で表示させることができる。詳細については以下のページで簡単に説明しているのでご覧頂きたい。

iOS 9でiCloud Driveアプリをホーム画面に表示させる方法

 

設定アプリ内での検索機能

ios-9-settings-search-1

初期の頃は複雑ではなかったが、バージョンがアップデートするにつれて階層が深くなった近頃の設定アプリではとてもありがたい機能である。

 

シフトキー(大文字・小文字)

ios-9-shift-key

iOS 8までのキーボードでは英語の大文字と小文字を使い分けるシフトキーをタップしてもキーボード上の文字列は大文字のままで、小文字入力になっているのかどうかの見分けがつかなかったが。

iOS 9からは小文字の状態であればきちんと小文字がキーボード上のボタンに表示されていることがわかった。

(この部分はWWDCで公になっているが、細かな説明がなかった部分。)

 

写真アプリ

ios-9-photos-app-scrubber

写真アプリ内で1つの写真を表示させると下にサムネイルのスクロールバーが表示され、高速スクロールが可能となり、画像を見つけやすくなっている。

また、スクロール以外にも表示されているサムネイルをタップすることでその画像を表示できる。

 

元のアプリに戻る(Back to機能)

ios-9-back-to-search

iOS 9のスポットライト検索はホーム画面上で下にスワイプするか、一番左のページから検索を行える。

新たな機能としてスポットライト検索から起動したアプリには「Back to Search」というボタンがステータスバーに表示されていることがわかっている。(この機能はBeta版であるため現在は英語表記である。)

Back to Searchをタップすることでスポットライト検索に戻ることができるため、わざわざホーム画面に戻ってから再度スポットライト検索を表示させるという手間が省ける。

 

この機能はスポットライト検索だけの機能ではなく、アプリに連携しているものであれば表示されるということがわかっている。

例えばDropboxからCarouselを起動した場合であればCarouselが起動している場合にはステータスバーに「Back to Dropbox」と表示される。

SafariからApp Storeに接続したのであればApp Storeのステータスバーには「Back to Safari」と表示される。

 

メールに添付機能

ios-9-add-attachment

これまではメールアプリには写真やビデオの挿入ができていたが、添付ファイルを挿入することができなかった。

iOS 9のメールアプリでは「添付ファイルを追加」という項目が増えている。いつものようにタップ長押しすると表示されるメニューで一番左へと進むと表示される。

 

内容は公になっていたが、この添付ファイルを追加をタップするとiCloud Driveが開くようになっており、iCloud Drive内のファイルを添付することができるという情報がある。

 

アプリケーションスイッチャー

ios-9-iphone-app-switcher

iOS 8のアプリケーションスイッチャーは横並びになっていた。iOS 9のアプリケーションスイッチャーはノート、本を連想させるページめくりのアニメーションになっている。

 

もちろんそれぞれ上にスワイプするとアプリを終了させることができ、iOS 8でも可能だった2本指や3本指での複数のアプリケーションの終了も可能だ。

 

Siriのデザイン

ios-9-siri

Siriが刷新され、Apple WatchのSiriに似たデザインとなっている。

 

本体横のスイッチの機能

iOS 9では新たなオプションとして、設定アプリ内の一般セクションで「本体横のスイッチの機能」が追加されている。このオプションはiPadで利用でき、「画面の向きをロック」もしくは「消音」の2種類から選択できる。

 

6桁パスコードの登場

iOS 8では4桁もしくは英数字の長いパスコードの2種類から設定できていたが、iOS 9からは4通りの設定が可能となっており、

  • カスタムの英数字コード
  • カスタムの数字コード
  • 4桁の数字コード
  • 6桁の数字コード

となっている。これらは設定アプリからパスコードの変更を行う際、新たなパスコードを入力時に表示される「パスコードオプション」をタップすると切り替えることができる。

新たなパスコードについて詳しくは以下のページを参考にしていただきたい。

iOS 9ではパスコードを6桁など、4通りの組み合わせが存在。

 

写真の複数選択

不便だと感じていた人は多いはずの写真アプリ内の画像の複数選択。サードパーティ製の写真アプリなどの多くは複数選択が簡単だったが、ようやくiOS 9では標準で複数選択が可能になっている。

 

慣れるまでは少しやりづらく感じるかもしれないが、いつもの様に右上の選択をタップした後、1つの画像をタップしたまま左右にスワイプする。その後は上下にスワイプすることで複数の写真を選択可能になる。

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –