OneNote Importer : EvernoteからOneNoteにデータを簡単にインポートするツールが公開

数日前、Microsoftは「OneNote Importer」のプレビュー版を公開した。これは、EvernoteユーザーがMicrosoft OneNoteに簡単に移行することができるツールである。

現時点ではWindows版のみが公開されており、公式ページ上からインポートツールをダウンロードできる。また今後Mac版のリリースも予定されているようだ。

 

このOneNote Importerを使用すると、説明に従って進めていくだけで簡単にEvernoteからOneNoteに全てのデータを転送することができる。

ここではOneNote Importerを使ってEvernoteからOneNoteにデータを転送する方法簡単に説明する。

Step1. インポートツールをダウンロード

OneNote Importer

OneNoteの公式ページからインポートツール「OneNote Importer」をダウンロードする。ページ内の「インポートツールのダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始される。

 

現段階(プレビュー版)での注意点

  • インポートツールはWindows7以降のOSが必要
  • PCにインストールしているEvernote for WindowsからOneNoteにデータを転送

 

Step2. インポートツールを起動してインポート

import-evernote-to-onenote-2
規約に同意してファイルを選択

インポートツールのダウンロードが完了したら、ツールを起動してEvernoteのコンテンツを選択する。Evernote for WindowsがすでにPCにインストールされており、コンテンツがデフォルトの場所にある場合であれば、自動的にEvernote内のコンテンツを読み込んでくれる。

また、PCにすでにインストールしているEvernoteからENEX形式のファイルをエクスポートして、直接ファイルを指定してインポートすることもできる。その場合は、「Import a file instead」を選択してファイルを選ぶ。

import-evernote-to-onenote-3
アカウントにサインイン

コンテンツを選択したらOneNoteに任意の方法でサインインする。

 

import-evernote-to-onenote-4
インポートの完了

インポートが完了したらOneNoteを開いて問題なくインポートされているかどうかを選択確認してみよう。確認するにはOneNoteを開き、その他のノートブックを選択し、Evernoteを選択する。

 

実際に試してみるとうまくインポートできなかったため、Step2のはじめのファイルを選択するときにImport a file insteadを選択して再度試してみると問題なくインポートが完了した。

 

 

– Ads & Featured Contrents –