Instagram(インスタ)の写真に2種類のぼかし加工を入れる方法

インスタに投稿されているたくさんの写真の中には、まるでプロの業者に加工を頼んでいるの?と思ってしまうほど素敵な写真が数多く見られます。
誰でも手軽に写真の加工が可能になってきているようです。

その中でも、今回はインスタグラムのチルトシフト(Tilt Shift)という加工機能を使って、写真にぼかしを入れる方法をご紹介します。すでにインスタを使ってる方は知っている場合がほとんどかもしれませんが、初めて使う方は是非参考にしてみてください。

ぼかし加工「チルトシフト」の入れ方

  1. インスタグラム
    写真を選ぶ

    まずは、いつもインスタに写真を投稿する時のように写真を選びます。
    選んだら、画面右上の「次へ」をタップします。

  2. インスタグラム
    「編集」から「チルトシフト」を選択

    画面下に「フィルター」と「編集」の二種類の項目があるので、「編集」をタップします。
    様々な加工の項目が表示されるので、その中の「チルトシフト」をタップします。
    かなり右側にあるのでスワイプしてください。

  3. インスタグラム
    「円形」もしくは「直線」どちらかを選択

    ぼかしが入るパターンが「円形」と「直線」の二種類用意されているので、入れたいパターンの方を選んでタップします。
    「円形」もしくは「直線」をタップするとどのようにぼかし加工が入るのが画面に表示されます。

  4. インスタグラム
    「完了」をタップして「次へ」を選択

    どちらのパターンにするか選んだら画面右下の「完了」をタップし、他に加工が必要なければ画面右上の「次へ」をタップします。

  5. インスタグラム
    キャプションを記入して「シェアする」で完了

    あとはいつも投稿している手順と同じです。
    キャプション(ハッシュタグなど)を記入して、画面右上の「シェアする」をタップすれば完了です。

  6. インスタグラム
    加工前と加工後

    ぼかし加工前と加工後の写真です。
    今回はぼかしのみの加工ですが、他の加工も入れることによってより素敵な写真になっていくと思います。

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.
Tomomi
Tomomi
今までWebの世界には全く無縁だった超アナログ人間。 無謀にもWebの世界で生きていくことを決意。 ハムスターと柴犬好きの文系女子です。 最終的にはプログラミングが一人で出来るレベルになることが目標です。 がんばりま~す!!