Windows10でパスワード付きZIPファイルを設定する方法

Windows10のシステムには、右クリックメニューから簡単にファイルを圧縮したり解凍したりできるように圧縮ツールが組み込まれている。しかし、Windows10でZIPファイルにパスワードを設定するにはサードパーティ製のソフトを使用する必要がある。

ここでは、サードパーティ製のソフトを使用して、Windows10でZIPファイルにパスワードを付ける方法、パスワード付きZIPファイルを作る方法をいくつか簡単に説明する。

 

方法1. 「Lhaplus」でzipファイルにパスワードを設定

  1. 窓の杜からLhaPlusをダウンロード
    Lhaplusのインストール

    日本製でも有名な「Lhaplus」を使用する方法で説明するため、まずはこちらのページから「Lhaplusをダウンロード・インストールする。Lhaplusの詳しいダウンロード、インストール方法は別記事にて説明

  2. Lhaplusでファイルを右クリックし圧縮
    ファイル/フォルダーを右クリック

    パスワード付きZIPにしたいファイルまたはフォルダーを右クリックし「圧縮.zip (pass) 」の順で選択する。複数のファイルやフォルダーをまとめてZIPにする場合は、それぞれ複数選択した状態で右クリックし「圧縮 >.zip (pass)」を選択する。

  3. Lhaplusでパスワード設定
    パスワードを設定

    zipに設定するパスワードを入力する。入力完了後「OK」ボタンをクリックするとパスワード付きZIPが完成する。

  4. Lhaplusでパスワードを入力する
    確認

    Lhaplusの設定を特に変更しておらず、デフォルト設定の場合は、デスクトップ上にパスワード付きZIPファイルが作成されているのでダブルクリックしてパスワードの入力が求めらるかどうかを確認する。

方法2. 「7-Zip」でzipファイルにパスワードを設定

  1. 窓の杜から7zipをダウンロード
    7-zipのインストール

    ここの手順は「7-Zip」を使用する方法で説明するため、まずはこちらのページから「7-Zipをダウンロード・インストールする。7-Zipの詳しいダウンロード、インストール方法は別記事にて説明

  2. 7Zipで右クリックし圧縮
    ファイル/フォルダーを右クリック

    パスワード付きZIPにしたいファイルまたはフォルダーを右クリックし「7-Zip > 圧縮…」の順で選択する。複数のファイルやフォルダーをまとめてZIPにする場合は、それぞれ複数選択した状態で右クリックし「7-Zip > 圧縮…」を選択する。

  3. 7Zipの圧縮設定
    ファイル圧縮の設定とパスワード

    ファイル圧縮する際の設定を行う。設定完了後「OKボタンをクリックする。

    • 圧縮先にはzipにする際の名前を入力する。出力先はデフォルト設定では圧縮元と同じであるが、右の「…」ボタンから変更することができる。
    • 書庫形式は「zip」を選択する。
    • 暗号化のパスワード入力に、設定したいパスワードを入力する。「*」で隠れて表示されており、確認のため2回入力する必要がある。(「パスワードを隠さない」にチェックを入れると入力したパスワードが表示され、2回入力する手間も省ける。)
  4. 7zipでパスワードを入力
    確認

    圧縮されたZIPファイルをダブルクリックしてパスワードの入力が求めらるかどうかを確認する。

方法3. 「WinRAR」でzipファイルにパスワードを設定

  1. WinRARを窓の杜でダウンロード
    WinRARをインストール

    「WinRAR」を使用する方法で説明するため、まずはこちらのページから「WinRARをダウンロード・インストールする。WinRARの詳しいダウンロード、インストール方法は別記事にて説明

  2. WinRARでファイルを右クリックし圧縮
    ファイル/フォルダーを右クリック

    パスワード付きZIPにしたいファイルまたはフォルダーを右クリックし書庫に圧縮」を選択する。複数のファイルやフォルダーをまとめてZIPにする場合は、それぞれ複数選択した状態で右クリックし「書庫に圧縮」を選択する。

    情報
    もしすでにZIPファイル(パスワード無し)を作成しており、そのZIPファイルにパスワードを追加したい場合は、ZIPファイルを右クリックし「WinRARで開く」を選択し、WinRARメニューのツール>書庫を変換>圧縮>パスワードの順でパスワードを追加することができる。
  3. WinRARの圧縮設定
    書庫名とパラメータ

    書庫名とパラメータというウィンドウが表示されるので設定する。設定し終えたらパスワードボタンをクリックして次のステップのパスワード設定に進む。

    • 書庫名にはZIPファイルにしたときの名前を設定する(画像の例ではサンプル.zip)
    • 参照をクリックすると出力先を変更することが出来る。デフォルト設定では圧縮元と同じ場所。
    • 書庫形式で「ZIP」を選択
  4. WinRARでパスワードを設定する
    パスワードの設定

    パスワードボタンをクリックしたら、ZIPにつけるパスワードを設定する。パスワードのボックスに任意の文字を入力するが「●」で隠れて表示されており、確認のため2回入力する必要がある。(「パスワードを隠さない」にチェックを入れると入力したパスワードが表示され、2回入力する手間も省ける。)

    パスワードの入力が完了したら「OK」ボタンをクリックする。

  5. WinRARでOKボタンをクリック
    最後にOKボタン

    パスワードの入力が完了させると、再び書庫名とパラメータ画面に戻る。設定は完了しているので最後に「OKボタンをクリックする。

  6. WinRARでパスワード入力
    確認

    問題なくZIPファイルが作成されているかどうかを確認する。圧縮元のファイルと同じ場所にパスワード付きZIPファイルが作成される。ダブルクリックして開き、さらに中のファイルを開こうとするとパスワードの入力を求められていれば問題なくパスワード付きのZIPが完成している。

– Ads & Featured Contrents –