how-to-disable-shutter-sound-on-ios-10

iOS10でカメラのシャッター音やスクリーンショットの音を無効にする方法

iOS10になってから、シャッター音が大きくなったと噂されているが、情報によると、iOS10のカメラで撮影するときのシャッター音と、スクリーンショットを撮るときの音を出さないように出来る方法が見つかったそうだ。

本来であれば、スクリーンショットやカメラで撮影した時、あの大きな音が響き渡るはずだ。しかしガジェットライフの情報によると、これらの2つの音は、いくつかの手順で完全に無音化してくれるというのだ。

今回発見された方法はiOS10(iOS10.0.1)でのバグの可能性が高いため、比較的早い段階で修正されるかもしれない。

 

注意点:

  • アラーム以外の、ミュージックアプリやその他アプリの音量もミュートになってしまう。
  • ボリューム調整するとすぐに解除される。

追記:2016/10/25
iOS10.1でこのバグは修正されましたので、iOS10~iOS10.0.3限定となります。

 

iOS10でカメラやスクリーンショットの音を無効にする方法

  1. how-to-disable-shutter-sound-on-ios-10-1
    1
    AssistiveTouchをオンにする

    設定>一般>アクセシビリティ>AssistiveTouchへ進み、「AssistiveTouch」をオンにする。

  2. how-to-disable-shutter-sound-on-ios-10-2
    2
    最上位のメニューをカスタマイズ

    次に、「最上位のメニューをカスタマイズ」を選択し、いくつか表示されているアイコンを1つに減らす必要があるようだ。方法は右下にある「ボタンをタップして、「1個のアイコン」になるまで数回タップする。

  3. how-to-disable-shutter-sound-on-ios-10-3
    3
    消音に割り当てる

    次に、1つになったアイコン(ここではカスタム)をタップし、一覧の中から「消音」をタップしてチェックを入れ「完了」をタップする。

  4. how-to-disable-shutter-sound-on-ios-10-4
    4
    AssistiveTouchアイコンをタップして消音にして完成

    あとはホーム画面や、スクリーンショットを撮りたい画面またはカメラアプリを起動させ、AssistiveTouchアイコンをタップして、デバイスを消音に切り替える。
    消音に切り替わっている状態で準備完了だ。この状態で撮影してもきっと音がならなくなっているはずだ。

はじめにも説明したとおり、ここで説明した方法は恐らくバグである。そのため次回のアップデートで修正される可能性があるので注意。

また、具体的な動画は以下のリンクを参考にしていただきたい。

出典または引用

 

– Ads & Featured Contrents –