iOS9.3からの新機能「メモをTouch IDやパスコードでロック・保護」する方法

Appleは本日iOS 9.3を正式にリリースした。iOS 9.3では、ナイトシフトモードの追加やメモの機能改善、写真アプリに新たな機能の追加の他、多くの変更があった。

ここではiOS 9.3から新たに追加された機能である、メモをパスワードやTouch IDでロックする方法を簡単に説明する。

 

メモをパスワードやTouch IDでロック

how-to-lock-notes-ios-9-3-1

これまでは、作成したメモを誰でも開くと見ることができていたが、iOS 9.3からは、iCloudのメモをロックすることが出来るようになった。メモのロックは、全体としてではなく、個別にロックしたいメモを指定して保護することが出来る。

ロックされたメモを表示しようとすると、Touch IDまたはパスワードの入力が必要となる。Touch IDが搭載されていないデバイスでもiOS 9.3であれば使用可能だ。

メモアプリ内にIDやパスワードなどの個人情報を保存しているユーザーもいるだろう。メモアプリ内に個人情報を保存しておくのは安心とまではいかないが、iOS9.3以降のメモのロック機能があれば少しはましになるだろう。

注意点として、メモはiCloudのメモのみロックすることが出来、その他のアプリで使用するメモをロックすることは出来ない。

 

メモをロックする方法

how-to-lock-notes-ios-9-3-2

メモをロックするには、ロックしたいメモを開いている状態で右上にある四角い共有ボタンをタップして共有メニューを表示させる。

するとこれまでになかった「メモをロック」という項目が表示されていることがわかるはずだ。これをタップするとメモのロック機能が有効になる。

初めて設定する場合であれば、メモアプリ内で使用する専用のパスワード(デバイスのパスコードとは別)を設定する必要がある。この設定は初めての時だけで、2回目以降は設定する必要はない。

 

how-to-lock-notes-ios-9-3-3

メモのパスワードを設定すると、メモの上部に鍵マークが表示されロック機能が付いていることがわかる。このマークが表示されている場合であれば、デバイスがスリープする度にメモが自動的にロックされる仕組みになっている。

また、スリープするまで待つのではなく、今すぐにロックして表示されないようにしたい場合は鍵マークを一度タップすると可能だ。

 

ロックされると「このメモはロックされています。」と表示される。

また、再度表示させたい場合はすぐ下に表示されている「メモを表示」をタップする。すると「メモでTouch IDを使用」と表示されるので、初めに登録しておいたパスワード、または設定しているTouch IDでロックを解除することが出来る。

 

メモで使用するパスワードを変更またはリセット

how-to-lock-notes-ios-9-3-4
設定>メモ>パスワード>パスワードを変更

一度設定したメモアプリ専用のパスワードはいつでも変更またはリセットすることが出来る。変更やリセットするには、設定アプリを開き、メモ、パスワードの順に進む。

変更したい場合は「パスワードを変更…」をタップする。古いパスワードと新しいパスワードを2箇所、新しいパスワードのヒントを入力して完了すると変更できる。

 

how-to-lock-notes-ios-9-3-5
設定>メモ>パスワード>パスワードをリセット

リセットする場合も同じ画面上にある「パスワードをリセット」し、Apple IDを入力した後にパスワードをリセットすることが出来る。

 

 

– Ads & Featured Contrents –