iOS10.2でiPhoneやiPadのカメラの設定を保持する方法

昨日、iOS10.2が正式にリリースされた。多くの変更や改善があったが、iPhoneまたはiPadでは、「カメラ設定を保持する」というオプションが追加された。このオプションのお陰で、アプリを開くたびにカメラの設定がデフォルトにリセットされなくなる。

つまり、「カメラ設定を保持する」オプションを有効にしている場合は、前回使用したモードと同じモードでカメラが起動する。例えば前回のカメラでビデオモードによる撮影をした場合、次回の起動でもビデオモードで起動してくれる。

同じように、クロームなどのフォトフィルタの保持や、Live Photosの設定の保持も可能となっている。

ここでは、iOS10.2でiPhoneやiPadのカメラの設定を保持する方法を簡単に説明する。

カメラの設定を保持する手順

  1. how-to-save-camera-settings-1
    1
    設定アプリで写真とカメラを開く

    ホーム画面上の設定アプリを開き、下にスクロールして「写真とカメラ」の項目をタップする。

  2. how-to-save-camera-settings-2
    2
    設定を保持を開く

    さらに下へスクロールし、カメラセクションにある「設定を保持」をタップする。

  3. how-to-save-camera-settings-3
    3
    3つのオプションを選択

    以下の3つのオプションをそれぞれ選択する。

    • カメラモード:デフォルトの写真モードに戻らず、前回使用したモード(ビデオやスクエアなど)を保持することができる。
    • フォトフィルタ:トーナルやノアール、フェードやクロームのような、最後に使用したフィルターを保持することができる。
    • Live Photos:デフォルトではオンになっているが、オフにしている場合はLive Photosの設定をオフのまま保持することができる。

– Ads & Featured Contrents –