WiFiに接続できない問題について <html><head><title>Success・・・

現在いくつかのデバイスでWiFiに接続できないという問題が発生している。

 

WiFiに接続しブラウザを立ち上げるとhtmlなどの文字列が表示されているだけで閲覧することができない状況である。またiPhoneやiPad、iPod touchだけに多くのデバイスで起こっているようだ。

 

<html><head><title>success</title></head>・・・・

wifi-error-mac
img : imgur

調べてみたところ、iPhoneやiPad, iPod touchだけに限らず、MacやAndroidのデバイスでもおこっている問題のようだ。そしてiPhoneではiOS 6などの少し古いバージョンで頻繁に発生している問題であるようだ。

そして問題はApple製品の場合、http://www.apple.comなどに接続され以下の様なHTMLコードが表示される。

<html><head><title>success</title></head><body>Success</body></HTML>

WiFiの接続に成功した時の表記がHTMLと認識されずに文字列となって表示されているようにも見える。

ちなみにこの問題は日本だけでなく世界中で起こっており、かなり大きな問題となっている。

 

解決策は

この問題は現在調査中であるが、一般的に考えられる解決策としてのネットワーク設定のリセットやデバイスの再起動やルーターの確認などで解決したという意見は見た感じあまりないようだ。

 

自動ログインをオフにする

wifi-error-2

iOS環境でとりあえず解決したという方法がiOSデバイスの設定から行える「自動ログイン」をオフにすることだ。

設定アプリ > WiFi > 接続するWiFiを選択 > 自動でログインをオフ

iOS 7から少し設定方法が変わっているが、基本的には自動でログインさせないようにすると解決したという報告が多い。

もちろんすべてのユーザーが解決したというわけではない上に一時的な回避策となるので、完全な解決策ではないが、iPhoneやiPad, iPod touchユーザーは一度試してほしい。

 

Macの場合

WiFiに接続すると一定時間おきにポップアップで表示されるというもの。

MacのWiFi接続テスト機能というものがあるそうで、ターミナルから以下のコマンドを入力し、再起動すると解除するまではポップアップが表示されなくなるようだ。

sudo defaults write /Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.captive.control Active -boolean false

ユーザー側に原因がなさそうな問題なので、この問題が改善されるのを待ち、改善されたらまた以下のコマンドで必ず元に戻しておこう。

sudo defaults delete /Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.captive.control Active

Qiita

 

 

その他のデバイスもWiFi設定から自動接続に関する設定をオフにすると解決するといった情報もあるようだ。

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –