ParticleLockScreen

ParticleLockScreen : ロック画面で動くパーティクルデザインのウィジェット [脱獄アプリ]

ロック画面をデザインするには様々なTweakがある。その中でも代表的なものとしてGroovyLockがある。GroovyLockはロック画面上に好みのウィジェットを配置してロック画面を飾ってくれるTweakである。

このGroovyLockは無料でインストールできる上に、Winterboardのように後からいくつものアドオンを追加することで気分によってウィジェットを変更することができる。

 

ここでは海外掲示板redditで話題になっているパーティクル(粒子)デザインの動くウィジェットを紹介しようと思う。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。

 

ParticleLockScreen

ParticleLockScreenはGroovyLock用のアドオンのウィジェットで適用させると上の画像のように粒子が動いているようなデザインのロック画面にアレンジできる。

 

必要なもの

  • ParticleLockScreen
  • GroovyLock

このデザインを適用させるにはParticleLockScreenとGroovyLockの2つが必要となる。

どちらも無料で公開されており、GroovyLockはCydia,ModMyiからインストールする。

そしてアドオンのParticleLockScreenウィジェットは(http://54.210.109.212/repo)のリポジトリをCydiaで登録後、ParticleLockScreenをインストール、もしくはDropboxから直接ダウンロードすることができる。

ParticleLockScreen2

両方インストールを終えると設定アプリからGroovyLockの設定を開き、Enableをオンにしておき、ThemeからParticlesを選択する。このウィジェット自体に時計が付いているようなのでHide LockScreen Clockをオンにしておくとよいだろう。

 

またGroovyLockを使用せず、LockHTML 4でも適用できるのですでにLockHTML 4を購入しているユーザーはLockHTMLを使用したほうが良いだろう。

 

このアドオン/ウィジェットについてどう思いますか?以下のコメント欄より意見をお聞かせ下さい。

– Ads & Featured Contrents –