AlbumArtCenter

AlbumArtCenter : コントロールセンターにアルバムアートワークを表示 [脱獄アプリ]

iPhoneやiPad, iPod touchでミュージックアプリで音楽を聞いている時にコントロールセンターからメディアコントロールできるようになっている。

このAlbumArtCenterをインストールするとコントロールセンターにアルバムアートワーク(ジャケット画像)を表示させることが出来る。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。

 

コントロールセンターにアルバムジャケットを表示

albumartcenter3

AlbumArtCenterをインストールすると、ミュージックアプリなどで音楽を再生中にコントロールセンターを表示すると、アルバムアートワークをそのままコントロールセンターに表示させることが出来る。

 

このAlbumArtCenterには主に以下の様な設定や機能がある。

表示位置の設定

表示させる方法は2種類あり、メディアコントロール部分だけに表示させることができたりコントロールセンター全体に表示させることも出来る。

アニメーション

その他アニメーションも追加させることができ、これは次の曲に変わった時に再生されるものである。

選択されたアニメーションがコントロールセンターに表示されているアルバムアートワーク上で再生される。10種類以上のエフェクトの中から好きなモノを選択できるようになっている。

テキストの色やアートワークのぼかしなど

コントロールセンターに表示されるトラック名やアーティスト名のテキストを個別に色を指定することが出来る他、テキストのシャドウや影のぼかし具合なども変更できる。

さらにアートワークの設定で、アートワークの不透明度やぼかし具合なども変更できるようになっている。

 

日本語ファイル(MediaFire)

このTweakは英語表記となっているが、日本語にしたい場合は上記のファイルをダウンロードして解凍し、iFunboxやiFileなどのファイルマネージャで、ja.lprojフォルダを以下に配置する。

/Library/PreferenceBundles/AlbumArtCenter.bundle/

配置後は設定アプリをマルチタスクから終了させて、再度設定アプリを起動すると適用されているはずだ。
日本語ファイルはTweakのバージョンが更新されると一部英語に戻ったりずれたりすることがあるので注意。日本語ファイルをiFileで配置する方法は以下のリンクを参考にしていただきたい。

iFileを使ってTweakの日本語ファイルを入れる方法 

 

バグや互換性・その他情報

AlbumArtCenter (v3.0.1 – BigBoss 無料)

今回のアップデートでバージョンが3.0.1となり、更新内容として、シャドウや色の設定ができるように変更の他、パフォーマンスの改善、寄付ボタンの追加、設定変更後の反映までの時間、横向き表示時のバグの改善、設定デザインの変更、サードパーティ製のプレイヤーへの互換性の強化などがある。

また、AUXOやStratosなどとは今のところ互換性がなく、バグが生じるとのことである。

 

このTweakについてどう思いますか?その他バグや互換性などの情報があれば以下のコメント欄よりお聞かせ下さい。

 

– Ads & Featured Contrents –