Anemone : WinterBoardの対抗馬はSubstrateなしでテーマが使える [脱獄アプリ]

iPhoneやiPad, iPod touchを脱獄したらアイコンやデザインを大きく変えるためにWinterBoardを使用するユーザーがほとんどだ。

しかし現在、残念なことにCydia SubstrateがiOS 8.3に対応しておらず、WinterBoardを使用することができない。

(その後Cydia Substrateが対応したためWinterBoardも使用可能に…)

 

そこで対抗馬であるAnemoneならばSubstrateを使用せずともテーマをカスタマイズできるというのだ。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

 

Anemone

anemone2

AnemoneはWinterBoardの対抗馬として登場したTweakである。しかしWinterBoardの人気ぶりにAnemoneを愛用しているユーザーは多くはない印象だ。

しかしほとんどのTweakは現在Cydia Substrate(Mobile Substrate)がiOS 8.3に対応していないため使用することができない状態だ。WinterBoardもその内の1つである。

ところがAnemoneはある手順を行なうことでCydia Substrateを使用せずともテーマを適用できてしまうという。

 

Anemoneをインストール

Anemoneは現在ベータ版として配布されており、以下のリポジトリをCydiaに登録する。

anemone-repo

https://anemonetheming.com/nightly/

URLを間違いやすいので注意しよう。このリポジトリは「http」ではなく「https」からはじまっている。リポジトリを登録する時はhttpから入力できるように予め表示されているので、書き換えてからきちんと登録しよう。

追記:2015/10/05
BigBossから正式にリリース。

 

anemoneのパッケージ

リポジトリを登録できたらAnemoneを検索してインストールを行なう。

 

テーマをインストール

テーマのインストールはWinterBoardのテーマも直接使用することが出来るため、これまで通りCydiaから好みのテーマをインストールしよう。

当サイトでも定期的にWinterBoard用テーマを紹介しているのでテーマカテゴリーページを参考にしていただきたい。

 

テーマを適用

anemone3

テーマの用意もできたらホーム画面上にあるAnemoneアイコンをタップしテーマを適用させる。

方法はシンプルでDISABLE(無効)となっているところをタップしENABLE(有効)にし、右上にあるApplyをタップする。

 

再起動が行われ、テーマが適用されている。

しかし現在はこの方法では適用されないので、次の手順で適用させることができる。

 

Substrateなしで適用させる

AnemoneではSubstrateなしでも以下の手順をおこなうことで適用することができる。まとめるとこうだ。

  1. AnemoneとCycriptをインストールする
  2. テーマなどをインストールする
  3. コードをコピーしてターミナルアプリにペーストする

具体的には以下で説明する。

Step1.

Cydiaからターミナルアプリ(iOS TerminalやMTerminalなど)とCycriptをインストールする

Step2.

以下のコードをコピーする (https://ghostbin.com/paste/j94xy)

echo "dlopen('/Library/MobileSubstrate/MobileSubstrate.dylib',RTLD_LAZY);dlopen('/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries/AnemoneCore.dylib',RTLD_NOW);dlopen('/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries/AnemoneUIKit.dylib',RTLD_NOW);dlopen('/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries/AnemoneIcons.dylib',RTLD_NOW);dlopen('/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries/AnemoneDock.dylib',RTLD_NOW);dlopen('/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries/Anemone.dylib',RTLD_NOW);" > start.js ; recache --no-respring && killall SpringBoard && sleep 0.1 && cycript -p SpringBoard start.js ; rm start.js

Step3.

ターミナルでコードを入力

ターミナルアプリを起動し、コードをペーストしEnterを押すと再起動が始まる。

anemoneでテーマを適用

再起動後テーマが適用されていれば成功だ。

 

Cydia SubstrateがiOS 8.3に対応すればWinterBoardも使用できるようになるはずなのでそれまでに、どうしても使用したいという場合は以上の手順を試していただきたい。

 

このTweakについてどう思いますか?その他バグや互換性などの情報があれば以下のコメント欄よりお聞かせ下さい。

 

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.