Cydia Installerがバージョン1.1.20にアップデート。リポジトリをiTunesでバックアップ可能に

数日前に1.1.19へとアップグレードが行われていたCydia Installer。本日また新たにアップデートを行なっている。バージョンは1.1.20。

 

今回のアップデートでCydiaに追加したリポジトリをiTunesでバックアップしてくれるようになった他、いくつかのバクの修正が含まれる。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

Cydia Installer v1.1.20

Cydia 1.1.20はバグ修正リリースであり更新内容は以下のようになっている。

セクションの非表示時のクラッシュ

ソースタブにあるすべてのソース(または個々のソース)をタップし編集をタップした後、セクションを表示/非表示を切り替えた時にクラッシュすることがありました。(この機能はあなたが興味を持っていないカテゴリがある場合に「更新情報」に表示させないようにできます)

上記の操作を行なう時はもうクラッシュしないはずです。

「アップグレードを適用しない」が動作しない問題

インストールしたパッケージ画面の上部にある「パッケージの設定を変更」の中にある「アップグレードを適用しない」の機能が動作していませんでした。(「すべてをアップグレード」を選択した際に、このパッケージを適用外とします)

この機能は再び動作するはずです。

インストール未完了のパッケージを修正できていなかった

通常であればパッケージのインストール時に何らかの理由で失敗した場合、「インストール未完了」の状態のままにすることができ、Cydiaがこの状態を解決することができていました。しかしこれは動作していませんでした。

現在はインストール未完了のパッケージを取得し修正するためのオプションを受け入れた場合、修正するはずです。

ストレージが不可能な値を表示

Cydiaのトップページから「ストレージ」>「ストレージ」へと進むと表示される数値がおかしな値になっていました。

現在は正しい数値を表示するはずです。

Cydia 1.1.19での変更で報告し忘れていたこと

1.1.19の変更履歴を書いた時、「Cydia 1.1.19のソースリストは現在お使いのiTunesにバックアップ対象となる」ということを伝えていませんでした。

これはいくつかのソースを追加し、脱獄デバイスをバックアップした後、復元時に追加したソースのリストも復元されます。

 

CydiaのリポジトリをiTunesでバックアップできるのは非常に便利だ。多くのリポジトリを入れていた場合に1つずつ手動で入力していたユーザーにとってはありがたいアップデートだ。

早速Cydiaをリフレッシュしアップグレードしておこう。

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.