Cydia Installerがバージョン1.1.21にアップデート。いくつかのバグを修正。

先週Cydiaは1.1.20へとアップグレードが行われており、いくつかのバグの修正が行われていた。

また、1.1.19の時に明かされていなかったこととしてiTunesでバックアップするときにCydiaに追加したリポジトリもバックアップしてくれるようになったことを1.1.20の更新内容で伝えられた。

 

そして今回のアップデートでもいくつかの小さなバグが修正されたバージョンとなっている。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

Cydia Installer v1.1.21

Cydia 1.1.21はバグ修正リリースであり修正内容は以下のようになっている。

共有するURLの問題

サードパーティのリポジトリからパッケージを共有するときURLのタイプミスを削除することができない問題がありました。

キャッシュクリアでCydiaが起動できない問題

ユーザーの報告によるとディスクスペースが不足し、iOSのキャッシュをクリアした後、Cydiaが起動できなくなることがありました。

CydiaをアップグレードするとAppleTVが動作しない問題

Cydiaの1.1.19または1.1.20にアップグレードしたAppleTV 2の脱獄のユーザーは、Cydiaのソースへのアクセスできなくなる問題がありました。

Cydiaの環境も大分安定しており、そこまで多くの問題はないが今回はその他細かな部分の修正をおこなったバージョンである。

早速Cydiaをリフレッシュしアップグレードしておこう。

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –