jailbreak-is-not-a-crime

DMCAの公聴会は5月21日に。脱獄行為は合法であるべきだと現在も署名募集中

今月の5月21日に著作権局はデジタルミレニアム著作権法(DMCA)1201条の公聴会を開催することが明らかになっている。その議題に関するトピックの一つ多くのユーザーが注目しているスマートフォン及びその他のガジェットのJailbreaking(脱獄)についての問題である。

 

Cydiaの作成者であるJay Freeman(ジェイ・フリーマン)はJailbreakの権利のために戦うために存在する。しかし彼だけでなく脱獄ユーザー全員がサポートすることが出来るのは知っている人も多いだろう。

 

以前にも記事したことがある電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)が署名活動を行なっていたのである。これらはネット上で行なうことが出来るため脱獄ユーザーも簡単に署名が可能となっている。

 

 

このデジタルミレニアム著作権法は3年に1度の見直しがされるということで今月がその3年目となるが、現在のところ世界中から22,000人の署名が集まったそうだが、考えてみると世界の単位で考えると非常に少ない署名であることがわかる。

署名方法は簡単でこちらのリンクに氏名やメールアドレス、国などを入力するだけだ。以下の記事を参考にしていただきたい。

EFFが脱獄合法に署名を募集。”JailBreakingは犯罪ではない”

 

電子フロンティア財団は「私達はこれまでに脱獄行為をデジタルミレニアム著作権法から免除してこれたが今年は成功の保証はありません。」と述べている。

Kyle-Wiens-and-saurik-and-Mitch-Stoltz

5月の21日で開かれる公聴会では、

iFixit」のKyle Wiens

Digital Age Defense」のCatherine Gellis

電子フロンティア財団Mitch Stoltz

とともにCydiaの生みの親として知られるSaurik(Jay Freeman)が公聴会での提案者となる。

 

iPhoneHacks

– Ads & Featured Contrents –