iPhone-6-camera-focus-pixels

iPhone 6SのiSightカメラは12メガピクセルである噂が濃厚に

Appleの次なるiPhoneである(おそらく)「iPhone 6S」と「iPhone 6S Plus」では背面カメラは12メガピクセルであることが濃厚になるとMacRumorsが報じている。

 

先日記事にもしたKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が公表した内容とも一致しているため、12メガピクセルである説が濃厚となった。

 

iPhone-6-camera-focus-pixels2

中国IHSテクノロジーリサーチディレクターであるKevin King氏が「Appleの次世代iPhoneは12メガピクセルの背面カメラである。しかしピクセルサイズは小さくなる」ということを中国のマイクロブログサービスWeiboにて主張していることがわかったという。

カメラセンサー自体がこれまでと同じであるため、ピクセルサイズが小さくなるということになる。またこれらの情報はgforgamesを通じてのことであるそうだ。

 

前回にもKGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏による情報を裏付けるないようともなっている。

 

Appleは2011年のiPhone 4S以来背面カメラセンサーは8メガピクセルから変わることがなかったが、2人のアナリストの情報が正しい場合、約4年ぶりに更新することになる。

 

MacRumors

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.