iPhone 6s, 6Plus : 12メガピクセルカメラやA9チップ、2GB RAMや新たな色など新たな噂

Appleの予想について相当な実績を持っていると言われるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏がiPhone 6sとiPhone 6s Plusについて11種類の新たな情報を公表している。Force Touch(感圧タッチ)技術に加えて、デバイスのCPUはより速く、より多くのRAM、さらにより良くなったカメラが搭載される事が期待されている。

 

以前から言われているようにForce Touch(感圧タッチ)技術はAppleの次世代スマートフォンのための大きなセールスポイントとなり、Force Touch技術はSamsung, HTC, LGその他スマートフォンでのライバルと比べると大きな利点となるだろうとMing-Chi Kuo氏は述べる。

以下Ming-Chi Kuo氏が公表した11の情報である。

  1. Force Touchはアップグレードにおいて最大のセールスポイントであるが、サプライチェーンの主なボトルネックの1つである。
  2. 画面は既存モデルと同じ解像度で、4.7と5.5インチのままになる。新しい4インチモデルは存在しない。
  3. 新たな色ローズゴールドが登場する。これはApple Watchのローズゴールドにマッチする色となっている。
  4. カメラはピクセルがアップグレードし、12メガピクセルとなるかのうせいが高い。
  5. 音声品質を向上させるためにスピーカーの近くにマイクが1つ追加される。
  6. A9プロセッサーとアップグレードされた2GBのLPDDR4が採用される。
  7. これまで散々言われていた曲がる問題は別のケーシング材料と内部機器設計を変更することで改善されるだろう。
  8. 落下試験の問題が解決できれば、5.5インチモデルはサファイアカバーレンズを備えた限られた数のユニットとなる。
  9. Apple Payを促進させるためにTouch IDの認識率が改善される。
  10. ジェスチャーコントロールをサポート
  11. 大量に生産するのは8月半ばから下旬にかけて開始することが期待される。(8~9000万台)

 

MacRumors

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.