iOS 8.3のメッセージアプリで不明な差出人をフィルタリングする方法

iOSデバイスでメッセージアプリは人気のあるアプリケーションである。しかしメッセージアプリでは企業やスパムメールが頻繁に送信されるため、いくつかの対処が必要となる。

 

手動で特定の送信者をブロックやミュートにすることはこれまでにもメッセージアプリ内から行なうことができていた。また、各キャリアの設定から登録していないアドレスからの受信を拒否することも出来るが、iOS 8.3からではメッセージアプリに追加された新機能「不明な差出人をフィルタ」を設定することが可能となっている。

ここでは設定アプリを通じて不明な差出人をフィルタリングして通知をミュートにする簡単な説明をする。

 

設定アプリからメッセージ設定

filter-messages-from-unknown2

設定方法は簡単で、設定アプリを開きメッセージセクションへと進み、下の方にある「不明な差出人をフィルタ」のスイッチをオンにする。

 

filter-messages-from-unknown3

すると今までにはなかった「連絡先とSMS」と「不明な差出人」というタブが上部に表示されていることがわかる。

連絡先に登録されている差出人は「連絡先とSMS」に分類され、その他の連絡先に登録されていない不明な差出人は不明な差出人」タブに表示される。不明な差出人として分類されたメッセージをそのままスパム報告も可能である。

 

その他に不明な差出人として分類された場合は通知を行なうことがなくミュートにすることができるが、通知バッジは表示されたままであるため、万が一の見落としなどを回避することもできる。

 

iMessageのみ有効

一部の報告では通常のメッセージでも分類されているという報告もあるが、この新たな機能はAppleのiOS間で可能のiMessageのみで動作することを覚えておく必要がある。

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –