iOS 8.3からiOS 8.2にダウングレードする方法

Appleは絵文字キーボードの再設計やワイヤレスCarPlayの他、バグの修正やセキュリティとパフォーマンス向上を含むiOS 8.3をリリースした。

 

iOS 8.3にアップデートした後に何か問題があった場合は、ここで紹介する手順でiOS 8.2へとダウングレードすることができる。しかしこれはAppleが署名発行中である場合に限るために、いつ出来なくなってしまうかわからないのでダウングレードする場合は早めに行なっておいたほうが良いかもしれない。

 

現在はiOS 8.2にのみダウングレードすることができ、それより前のバージョンへのダウングレードはできない。脱獄ユーザーは現在iOS 8.1.2以前のものしか脱獄ができないために、ダウングレードしたとしても脱獄することはできない状態である。

 

事前注意

追記:iOS 8.2は署名が停止しました。現在このページの方法でiOS 8.2へのダウングレードはできません。

 

  • 現在iOS 8.2へのみダウングレードができ、それ以前のバージョンへのダウングレードはできない
  • AppleがiOS 8.2に署名し続けている限りダウングレードできる
  • 万が一うまくいかなかった場合のため、バックアップから復元できるようにするため必ずiTunesでバックアップ、もしくはiCloudでバックアップをとっておく。
  • Appleはダウングレードはお勧めしないと言っているので自己責任で

 

署名発行中か確認

以下の方法で、現在使用しているiOSデバイスに対応するiOS 8.2ファームウェアが署名されているかどうかを確認する。

現在ダウングレード・更新が出来るのかを確認する方法

 

iOS 8.3からiOS 8.2へダウングレードする手順

まずは上記の方法で署名発行中かどうかを確認し、発行中である場合は以下の手順でダウングレードを行う。

 

Step1.

使用しているiOSデバイスに対応しているiOS 8.2のファームウェアをダウンロードする。

iPhone用のiOSファームウェアファイルのダウンロードリンク

iPad用のiOSファームウェアファイルのダウンロードリンク

iPod touch用のiOSファームウェアファイルのダウンロードリンク

自分のデバイスに対応しているファームウェアのがわからない場合は、以下のリンクを参考。

iPhone, iPad, iPod touchのファームウェアの選び方 

 

Step2.

iOSデバイスをPCに接続する

 

Step3.

iTunesを起動し、上部にあるデバイスのアイコンをクリックする

 

Step4.

WindowsであればShift+クリック、MacであればAlt/Optionを押したまま更新プログラムの確認ボタンをクリックする。(本来は右のiPhoneを復元をクリックする必要があるが左の更新プログラムの確認から行なうことで素早くダウングレードができるという報告がある。問題が発生する可能性を少しでも避けたい場合は右のiPhoneを復元から行なう。)

Step5.

ダウンロードしたIPSWファイルを選択する。

 

Step6.

更新をクリック。するとダウングレードプロセスが開始する。ある程度時間がかかるためしばらく待つ必要がある。ダウングレードが完了すると再起動するのでこれで完了となる。

 

初めにも書いている通りダウングレードできる期間はAppleが署名している期間中だけであり、いつ停止になるのかわからないため、もしダウングレードするのであれば早めにやっておこう。

– Ads & Featured Contrents –