iOS 9からiOS 8.4.1へダウングレードする方法

Appleは16日(日本時間17日)にiPhone, iPad, iPod touch向けにiOS 9を正式にリリースしている。

iOS 9は久しぶりのメジャーアップデートとなっており、Siriの改善やiPadでのマルチタスク機能、ピクチャ・イン・ピクチャ、その他iOSマップの改善、刷新したメモアプリ、メール機能の改善、スイッチャーのなど、非常に多くの変更があった。

現在はまだiOS 9に慣れていないユーザーがいるため、iOS 8.4.1へダウングレードしたいと思っているユーザーも少なくないようだ。

 

ここでは、アップデートしたiOS 9から現在署名中であるiOS 8.4.1へダウングレードする方法を簡単に説明する。

毎度のことながら、いつ署名を停止するかわからないため、もしダウングレードを考えているのであれば早めに行なっておいたほうが良いかもしれない。

また、iOS 9.1 Public Betaを利用しているユーザーで、iOS 9にダウングレードしたい場合は以下のリンクを参考に。

 

事前注意

  • iOS 8.4.1へのみダウングレードができ、それ以前のバージョンへのダウングレードはできない
  • AppleがiOS 8.4.1に署名し続けている限りダウングレードできる(署名確認ページ
  • 万が一うまくいかなかった場合のため、バックアップから復元できるようにするため必ずiTunesでバックアップ、そしてiCloudでバックアップをとっておく。
  • Appleはダウングレードは勧めていないため、行う場合は自己責任で

追記:2015/10/01にiOS 8.4.1とiOS 9.0の署名は停止しました。

iOS 9からiOS 8.4.1へダウングレードする手順

まずは上記の方法で署名発行中かどうかを確認し、発行中である場合は以下の手順でダウングレードを行う。

バックアップについて、iTunesでバックアップを取ったものはダウングレード後の復元時にバージョンが違っていると使用できないことがあるので必ずiCloudでもバックアップをとっておこう。

Step1.

はじめに、使用しているiOSデバイスに対応しているiOS 8.4.1のファームウェアをダウンロードする。

もしくはこちらからダウンロード可能だ。どのファームウェアを選べば良いのかがわからない場合は、以下のリンクを参考にしていただきたい。

Step2. 

ファームウェアをダウンロードしている間に、
設定アプリ>iCloud>iPhoneを探すの順で進み、「iPhoneを探す」をオフにしておく。

Step3.

PCでiTunesを起動させる

Step4.

電源ボタンを長押ししてiPhone、iPad、またはiPod touchの電源を切る。

Step5.

USBケーブルを使用してコンピュータにiPhone, iPad,またはiPod touchを接続する。
その後すぐに電源ボタンとホームボタンを同時に10秒間押したままにし、その後、電源ボタンだけを放しホームボタンだけを押したままにする。(DFUモード

iTunesのポップアップメッセージで、「iTunesはリカバリーモードのデバイスを見つけました。」という内容が表示されていれば準備ができている証拠となる。

Step6.

ダウングレードしたいデバイスが表示されていることを確認し、WindowsであればShiftキーを押しながら、MacであればAlt/Optionを押しながら「iPhoneを復元」ボタンをクリックする。

downgrade-ios-8-4-1-3

Step7.

選択するウィンドウが表示されたら、先ほどダウンロードしたファームウェアファイル(IPSW)を選択する。

Step8.

更新をクリック。するとダウングレードプロセスが開始する。ある程度時間がかかるためしばらく待つ必要がある。ダウングレードが完了すると再起動するのでこれで完了となる。

 

初めに書いたようにダウングレードできる期間はAppleが署名している期間中だけであり、いつ停止になるのかわからないため、もしダウングレードするのであれば早めにやっておこう。

 

追記:

スライドでアップグレード」でフリースしてしまう問題が多く発生している。この問題は世界中で発生しており、すでにAppleに報告されているので対応待ちということになる。

一時的な回避策、または解決方法は以下の関連リンクの「スライドでアップグレード」の記事を参考にしていただきたい。

 

関連リンク

 

 

– Ads & Featured Contrents –