itunes

iPhone, iPad, iPod touchのバックアップをiTunesで行う方法

iPhoneやiPad, iPod touchはiTunesiCloudを通じてバックアップをとることができる。ここでは、iTunesを使用してiPhone, iPad, iPod touchのバックアップ手順について簡単に説明する。iCloudでバックアップする方法についてはこちらのリンクを参考に。  

その他関連リンク

バックアップできるもの

iTunesを使用することでかなり多くのものをバックアップできる。以下のものは一例。

  • 写真・ビデオ
  • 連絡先・よく使う連絡先
  • カレンダー
  • Safari(ブックマークや履歴)
  • メモ
  • メールアカウント
  • 通話履歴
  • メッセージ
  • App Storeで購入したAppのデータ
  • 壁紙
  • ホーム画面の配置

バックアップに関してさらに詳細は、こちらの公式ページから確認できる。

自動的にバックアップ

iTunes-auto-backup2

  1. デバイスをPCに接続しiTunesを起動し、上部にあるデバイスアイコンをクリック
  2. 左のメニューにある概要をクリック
  3. バックアップ項目にある「このコンピュータ」にチェックをいれる
  4. 適用をクリック(すでに「このコンピュータ」にチェックが入っている場合は同期をクリック)

オプションとして「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れると、アカウントのパスワードやヘルスケアデータ、HomeKitデータのバックアップも作成できるようになる。

 

手動で今すぐバックアップ

iTunes-auto-backup3

  1. デバイスをPCに接続しiTunesを起動し、上部にあるデバイスアイコンをクリック
  2. 左のメニューにある概要をクリック
  3. バックアップ項目にある「今すぐバックアップ」をクリック
  4. 上部のリンゴマークの部分がバックアップ作業のプロセス表示に切り替わり、バックアップが開始する。
  5. 再度リンゴのマークが表示されるとバックアップが完了となる。

 

 

– Ads & Featured Contrents –