MacとWindowsのiTunesでバックアップしたiPhoneのファイルの保存場所

長い間iPhoneを使用しているユーザーは特に、数えきれないぐらいiTunesを使用してiPhoneをバックアップしている。

しかし一体バックアップしたファイルはPC上のどこに保存されているのか。

 

iTunesでバックアップすると、PC上の特定の場所にiPhoneの写真やメディア、ファイルなどが保存されている。すでにいくつかのウェブサイトや掲示板などで公開されているので今更であるがWindowsとMacの両方のバックアップファイルの場所をまとめておく。

頻繁に使用することはないかもしれないが、保存場所ショートカットリンクを作成するのも良いかもしれない。

MacでのiPhoneバックアップの場所

Mac内のiPhoneバックアップファイルの場所

WindowsのPCとは異なり、Mac OS Xのすべてのバージョンでは、iPhone、iPadやiPod touchのすべてのデータは、下記の場所に保存されている。

~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/

チルダ(~)と呼ばれる記号はユーザーのホームディレクトリ(ユーザのホームフォルダ)を指す。ホームディレクトリにはユーザーの個別の書類や画像、動画などのデータが保存されている。

 

すばやくアクセスするには「command + shift + G」のショートカットををキーボードで押し、上記のパスをペーストする。

Mac内のiPhoneバックアップファイルの場所のショートカット

 

WindowsでのiPhoneバックアップの場所

iphone-backup-location-on-mac-windows4

Windowsの場合、各バージョンでは異なった場所にバックアップデータが保存されているので、それぞれのバージョンに一致する場所で確認する必要がある。

Windows XP

C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Apple Computer\MobileSync\Backup

 

Windows Vista/7/8/10

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

 

隠しフォルダを表示させておく

iphone-backup-location-on-mac-windows5

AppDataが表示されていない場合 WindowsのシステムではAppDataへアクセスするために「隠しファイル」を表示させておく必要がある。 Windows 8以降であればフォルダ内の表示タブのチェックをつけておけば簡単に表示されるようになる。

 

Windows 7以前であれば以下のリンクを参考にしていただきたい。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2453311

 

 

– Ads & Featured Contrents –