dfu-mode-image

DFUモードへの入り方と解除方法(iPhone, iPad, iPod touch)

iPhoneやiPad, iPod touchが不具合、問題が起こった時に復元をしなければならない、またはダウングレードやアップグレードを行うときにDFUモードを使用することがある。

リカバリーモードというモードも存在し、よく似ているが実際にはリカバリーモードとは少し意味合いが違ってくる。

 

ここではDFUモードの簡単な説明とDFUモードへ移行する方法、そしてDFUモードを解除する方法を説明する。

DFUモードとは

DFUDevice Firmware Upgrade)モードとは名前の通り、デバイスのファームウェアを更新させるためのモードで、iPhoneやiPad, iPod touchのオペレーティングシステムまたはブートローダーが読み込まれていない状態である。

つまりiOSのバージョンチェンジのためにファームウェアを変更するためのモードと言っても良いかもしれない。問題を回避するため、または安全にダウングレードやバージョンチェンジを行いたい場合はDFUモードで行うと良いと言われている。

 

DFUモードに入る方法

iphone-dfu-mode

  1. PCでiTunesを起動させる
  2. USBケーブルでコンピュータにデバイスを接続する
  3. デバイスの電源をオフにする
  4. 以下の2つのボタンを10秒間ほどを押し続ける
    1. iPhone 6s以前、またはiPad、iPod touchの場合はホームボタンと電源ボタンを押し続ける
    2. iPhone 7 / 7+の場合はボリューム(の下)ボタンと電源ボタンを押し続ける
  5. 電源ボタンだけを放しホームボタンはそのまま押し続る
  6. 約15秒後に、iTunesがリカバリーモードでデバイスを検出したという警告が表示される

dfu-mode

うまくDFUモードに突入した場合デバイスの画面には何も表示されず、iTunesロゴさえも表示されない

この後ダウングレードやファームウェアを使ったバージョン変更はiTunes上で操作することになる。

 

DFUモードを終了・解除する方法

DFUモードを解除する方法は非常に簡単だ。

  1. 電源ボタンをホームボタンを同時に長押しする
  2. Appleロゴが表示されたら離す

たったこれだけで解除ができる。

もし不具合やダウングレードなどを行うことがあった場合、うまくいかなかったりしたら一度DFUモードで行ってみてほしい。

 

– Ads & Featured Contrents –