downgrade-ios-8-1-3-ios-8-1-2

iOS 8.1.3からiOS 8.1.2にダウングレードする方法

Appleはいくつかのバグ修正、安定性の向上およびパフォーマンスの改善が含まれるiOS 8.1.3をリリースした。   アップグレードしてもあまり大きな変化は見られないが、脱獄ユーザーにとっては大きなアップデートとなっている。というのもiOS 8.1.3の脱獄は今のところできないからだ。アップデートしてしまうとしばらくは脱獄環境で入られなくなる。   しかし、良いニュースとしてAppleは現在もiOS 8.1.2のファームウェアは署名している状態である。つまりiOS 8.1.3に誤ってアップデートしてしまっても「今なら」ダウングレードができるということだ。   ここではiOS 8.1.3からiOS 8.1.2へのダウングレード方法を簡単に説明しておく。  

事前注意

  • iOS 8.1.2以外にはダウングレードできない
  • AppleがiOS 8.1.2に署名し続けている限りダウングレードできる
  • 万が一うまくいかなかった場合のため、バックアップから復元できるようにするため必ずiTunesでバックアップ、もしくはiCloudでバックアップをとっておく。
  • Appleはダウングレードはお勧めしないと言っているので自己責任で

 

署名発行中か確認

以下の方法で、現在使用しているiOSデバイスに対応するiOS 8.1.2ファームウェアが署名されているかどうかを確認する。

現在ダウングレード・更新が出来るのかを確認する方法

 

iOS 8.1.3からiOS 8.1.2へダウングレードする手順

上記の方法で署名発行中かどうかを確認し、発行中である場合は以下の手順でダウングレードを行う。   Step1.

使用しているiOSデバイスに対応しているiOS 8.1.2のファームウェアをダウンロードする。

iPhone用のiOSファームウェアファイルのダウンロードリンク

iPad用のiOSファームウェアファイルのダウンロードリンク

iPod touch用のiOSファームウェアファイルのダウンロードリンク

自分のデバイスに対応しているファームウェアのがわからない場合は、以下のリンクを参考。

iPhone, iPad, iPod touchのファームウェアの選び方 

  Step2.

iOSデバイスをPCに接続する

  Step3.

iTunesを起動し、上部にあるデバイスのアイコンをクリックする

  Step4.

WindowsであればShift+クリック、MacであればAlt/Optionを押したまま更新プログラムの確認ボタンをクリックする。

Step5.

ダウンロードしたIPSWファイルを選択する。

  Step6.

更新をクリック。するとダウングレードプロセスが開始する。ある程度時間がかかるためしばらく待つ必要がある。ダウングレードが完了すると再起動するのでこれで完了となる。

  初めにも書いている通りダウングレードできる期間はAppleが署名している期間中だけであり、いつ停止になるのかわからないため、もしダウングレードするのであれば早めにやっておこう。

– Ads & Featured Contrents –