iOS8-3

iOS 9 betaからiOS 8.3にダウングレードする方法

AppleはWWDC 2015基調講演でiOS 9を発表し、その後開発者向けにiOS 9 betaをリリースした。iOS 9には多くの機能や改善が含まれている。

 

watchOS 2からwatchOS 1.01にダウングレードすることはできないが、iOS 9 betaからiOS 8.3へダウングレードは現在可能である。

 

iOS 9 betaを実機で確認してiOS 8.3に戻したいというデベロッパーは以下の方法でダウングレードが可能だ。もちろんこれまでどおり、Appleが署名している期間中であるものへのダウングレードのみが可能である。

 

事前注意

  • 現在iOS 8.3へのみダウングレードができ、それ以前のバージョンへのダウングレードはできない
  • ダウングレードはAppleがiOS 8.3に署名し続けている限りダウングレードできる

 

署名発行中か確認

以下のページで、現在使用しているiOSデバイスに対応するiOS 8.3ファームウェアが署名されているかどうかを確認する。(署名の項目が「○」になっていれば署名中)

iOSファームウェア(IPSW)リアルタイム署名ステータス

 

iOS 9 betaからiOS 8.3へダウングレードする手順 

Step1.

お使いのコンピュータにiOSデバイスを接続し、iTunesを起動する

Step2.

設定 > iCloud > 「iPhoneを探す」をオフにする

Step3.

デバイスをDUFモードにする。12秒間ホーム+スリープボタンを押したままにし、12秒後にホームボタンは維持したままスリープボタンだけを離す。DFUモードに入ると、iTunesはその旨を示す通知が表示されるのでOKをクリックする。

Step4.

「iPhoneを復元」をクリックする。

how-to-downgrade-ios9-beta-to-ios83

すると復元プロセスが開始する。ある程度時間がかかるためしばらく待つ必要がある。ダウングレードが完了すると再起動するのでこれで完了となる。

 

初めにも書いている通りダウングレードできる期間はAppleが署名している期間中だけであり、いつ停止になるのかわからないため、もしダウングレードするのであれば早めにやっておこう。またこちらのページで現在署名中であるかどうかを確認可能だ。

 

YouTube

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.