iOS10.1.1の脱獄がTSMC製CPUのiPhone6sやiPhoneSEでも可能に?!

先週、YaluによるiOS10.1.1の脱獄は、iPhone6sと6sPlusとiPhoneSEはSamsung製CPUのみ可能という情報があったが、新たな情報でTSMC製CPUでも可能になる脱獄ツールのベータ版がreddit上で公開されている。

先ほど公開されたばかりな上、ベータ版である為、使用する際は十分注意しよう。

TSMC製向けのmach_portal+yalu-b3

  • iPhone6s用(Payload.ipa
  • iPhoneSE用(mach_portal+yalu-b3-SE.ipa

はじめは、上記のリンク(MediaFire)で公開されていたが、Luca氏のYalu公式ページにも元々再配布の禁止と記載されていたため、以下で説明する別の方法で自己責任で行うことができる。

また、これを作成したのはLuca氏ではなく、別の開発者であり、Luca氏が作成したmach_portal+yaluに少し手を加えたものであるようだ。(def.plist)

はじめにreddit上で公開されており、さっそく試しているユーザーもちらほらいるようで、無事に成功したという報告もいくつか確認できた。

手順

  1. Luca氏が作成したYalu公式ページからmach_portal+yalu-b3.ipaをPC上にダウンロードする
  2. こちらからdef.plistをPC上にダウンロード。
  3. ダウンロードしたmach_portal+yalu-b3.ipaファイルの名前をmach_portal+yalu-b3.zipにし、zipファイルに変更する。
  4. Payload>mach_portal.appの順で開く
  5. 上記のstep2でダウンロードしたファイルをmach_portal.appの中にある「def.plist」ファイルに上書きする
  6. Payloadフォルダをzipファイルに圧縮する
  7. 「.zip」を「.ipa」に名前を変更して戻す
  8. あとはこれまでの手順と同じ、Cydia Impactorを使用してインストールする

参考・情報

 

– Ads & Featured Contrents –