iOS10.1~iOS10.2を脱獄する方法(Yalu102、Mach_Portal+Yalu beta3)

追記:iOS10.2を脱獄するYalu102も公開。
以前から噂されていたLuca氏により、iOS10.1.1の脱獄が可能となる仮の脱獄ツール「Mach_Portal+Yalu」のベータ版が公開された。

Luca Todesco氏はIan Beer氏が公開したProject Zeroのエクスプロイトに基づいてリリースしたものであるが、このツールを使用して脱獄できるのは、現段階で限られたデバイスまたは環境である。

ここでは、Mach_Portal+Yalu beta3を使った方法で、iOS10.1.1を脱獄する方法を簡単に説明する。今後のアップデートでは違った脱獄方法になる可能性が高いので注意していただきたい。

サポートされるデバイス

mach_portal+yaluの場合

mach_portal+yalu beta3の段階では以下のiOS10.1とiOS10.1.1デバイスのみ使用できる。

はじめは、iOS10.0.1やiOS10.0.2にも対応と言われていたが、それは今後のアップデートで対応するという意味のようだ。そのため、iOS10.0.1~iOS10.0.2へmach_portal+yaluをインストールできないことがわかった。

 

yalu102の場合

yalu102 beta5の段階では以下のiOS10~iOS10.2デバイスで脱獄が可能となっている。

  • iPhone 5s/6/6+/6s/6s+/SE (iOS10 – iOS10.2)
  • iPod Touch 6 (iOS10 – iOS10.2)
  • iPad Pro/Air/mini2/mini3/mini4 (iOS10 – iOS10.2)

iOSのバージョンの確認方法は、設定>一般>情報>バージョンに記載されている。

必要なもの

 

注意点

  • 動作が非常に不安定なため自己責任で(安定版まで待つ方が良いかも)
  • 完全脱獄ではないため、再起動するたびに再有効化する必要がある
  • 7日署名であり、7日以降再起動する毎にCydia Impactorからやり直す必要あり
  • Mach_Portal+Yalu beta3はmobilesubstrateが動作しないためほとんどのTweakも動作しないが、Substrate Fixをインストール、または手動でsubstrateを有効にすることで強制的に動作させることができる。
  • 脱獄前にバックアップを(iTunesiCloud
  • モバイルデータ通信やiMessageが使用できなくなる問題(解決法

脱獄手順

  1. iTunes-auto-backup3
    1
    iPhoneを接続してバックアップ

    iPhoneをライトニングケーブルでPCに接続しバックアップをとっておく。

  2. yalu-beta-3-4-1
    2
    IPAファイルをダウンロード

    対応デバイスを確認し、PCでこちらのウェブサイトにアクセスしmach_portal+yalu.ipa、またはyalu102をダウンロードする。mach_portal+yalu.ipaはbeta3が推奨。

    mach_portal+yalu.ipaで脱獄する場合で、iPhone6s/6s+/SEのTSMC製CPUの場合は以下のリンクからダウンロード。(CPUの調べ方

  3. release-ios10-1-1-jailbreak-tool-3
    3
    Cydia Impactorをダウンロード

    PCでこちらのウェブサイトにアクセスし、Cydia Impactorの最新版をダウンロードする。
    ダウンロード後は、WindowsはImpactor_xxxxx.zipを、MacはImpactor_xxxxx.dmgを、LinuxはImpactor_xxxxx.tgzを展開しておく。

  4. release-ios10-1-1-jailbreak-tool-4
    4
    Cydia Impactorにipaをドロップ

    Cydia Impactorを起動し、ダウンロードしたmach_portal+yalu.ipaまたはyalu102_alpha.ipaファイルをドラッグアンドドロップする。

    iPhoneはPCに接続された状態であることを確認。

  5. release-ios10-1-1-jailbreak-tool-5
    5
    Apple IDとパスワードの入力

    あらかじめ登録しておいたApple IDとパスワードを入力する。エラーが発生する場合はこちらを参考

  6. release-ios10-1-1-jailbreak-tool-6
    6
    インストールの確認と信頼

    iPhoneのホーム画面上にMach_PortalアプリまたやYalu102アプリがインストールされたことを確認する。このままだと開くことが出来ないので、設定>一般>プロファイルとデバイス管理からデベロッパAPPを選択し、アプリを信頼する。

  7. release-ios10-1-1-jailbreak-tool-7
    7
    mach_portalまたはYalu102を起動

    次にホーム画面上にあるmach_portalを起動してしばらく待つ。Yalu102アプリの場合は起動して「Go」をタップしてしばらく待つ。画面は真っ白のまま数秒間表示されて、ホーム画面に戻る。

  8. release-ios10-1-1-jailbreak-tool-8
    8
    Cydiaの確認

    ホーム画面に戻った時にCydiaがインストールされていれば成功。Cydiaを起動するかどうかを確認してみよう。もしCydiaを開いても起動しない場合は、一度デバイスを再起動し、再びStep7から行う。

    また、完全脱獄ではないため、デバイスを再起動する度にStep7からの手順を行う必要がある。

    脱獄完了後、SSH接続ができる状態になっているため、Terminalを使用するなどしてパスワードを変更しておこう。

脱獄後の不具合や注意、その他情報

  • 脱獄後にインストールスべきではないもの「OpenSSH」「YUCCA utilities」「Stashing」、未対応のTweakなど
  • mach_portalやYalu102の起動は、例え失敗した場合であっても1回のブートにつき1回まで。したがって、動作するまで再起動する必要がある。(Twitterより
  • モバイルデータ通信/FaceTime/iMessageが使用できない(解決法
  • Cydiaアプリ内のセルをタップできない場合はCydia Betaをインストールするhttp://apt.saurik.com/beta/cydia-arm64/
  • 脱獄アプリの互換性情報(別ページ
  • Cydia Impactorでエラーが発生する。(参考リンク
  • Cydiaでエラーが発生する。(参考リンク
  • 脱獄後は設定アプリ内の「すべてのコンテンツと設定を消去」をするとエラーが発生する。(解決法
  • すでにmach_portalやYalu102で脱獄している場合は、デバイスを再起動させて入獄状態にし、mach_portalやYalu102を削除し、再度Yalu102をインストールし直して脱獄する

 

– Ads & Featured Contrents –