TerminalからCydiaのリフレッシュ/アップグレードを実行する方法

こんにちは。

beta版ではありますが、iOS 10.1.1の脱獄が出来るようになりました!便利!!

ただ、Cydiaが完全に対応していないこともあるのか…リフレッシュがどうも上手くいきません。その対処法を簡単に書いておきます。

リフレッシュに時間がかかる

how-to-run-cydia-refresh-upgrade-on-terminal_01

CydiaがiOS 10に対応していないこともあるのか、以前と比べてリフレッシュに恐ろしく時間がかかってしまいます。ソースが無駄に多いのも原因なのですが…それを考慮してもかかり過ぎだとよく感じます。

TimeoutといったようなTweakを利用しても何故か変化なく、リフレッシュ中にホーム画面に戻ったりすると中断されるので、毎回のリフレッシュを5分10分も待つ必要があります。これは…なんとかしなければ。

ターミナルを使ってリフレッシュする

how-to-run-cydia-refresh-upgrade-on-terminal_02

Cydiaで行なっているリフレッシュやパッケージのインストールといったものは、apt-getコマンドを介して使われています。

これを自分で操作すれば、Cydiaを待たずともリフレッシュやアップグレード…といったことができるという訳です。エラーが改善される訳ではありませんが…。

なお、実行の際は自己責任でお願いします。

リフレッシュ

how-to-run-cydia-refresh-upgrade-on-terminal_03
apt-get update
iPhone:~ mobile$ su

Password: rootのパスワード(デフォルトはalpine)

iPhone:~ root# apt-get update

パッケージのアップデート

how-to-run-cydia-refresh-upgrade-on-terminal_04
apt-get upgrade
iPhone:~ mobile$ su

Password: rootのパスワード(デフォルトはalpine)

iPhone:~ root# apt-get upgrade

実行中にy/Nといったようなメッセージが出ることがありますが、Yes/Noの意味です。基本的にすべてyでいいと思いますが…メッセージの意味をよく理解した上で実行してください。

終わりに

これでひとまずは対策ができました。iOS 10(.1(.1))の脱獄自体がbetaの段階なので、ところどころが不安定なのは仕方ないことなのですが…。

ちなみに、iOS 10でオススメのターミナルはWhiteTerminalです!コマンドをペーストできるというのと、Macのターミナルみたいに白基調なので…オススメ。設定次第では黒にもできます。

iOS 9ならPromptを使うのが一番なんですが、LocalSSHが上手く動いてくれないので…設定方法はこちらの記事を参照して下さい!

– Ads & Featured Contrents –