Mojo : iOS9.3.1の非脱獄デバイスで使用できるインストーラ

現在脱獄可能なデバイスはiOS 9.1までとなっている。それ以降のデバイスは脱獄することができない状態である。Redmond Pieによると、iOS9.3.1で使用できるCydiaに似た新たなインストーラ「Mojo」が公開されたことを報じている。

近頃の脱獄方法の場合、CydiaをインストールするのにPanguやTaiGなど、脱獄ツールを使用する必要があった。しかしこの「Mojo」はSafariから直接インストールが可能となっている。

 

注意:利用する際は自己責任でお願いします。

Mojo

mojo-0

Mojoは以前からも公開されていたようだが、シンプルなアプリケーションベースのインストーラでありCydiaと同じように複数のリポジトリが使えるようだ。Cydiaとの大きな違いは、iOSデバイスを脱獄する必要が無いというところにある。

もちろん脱獄していないので、Cydiaに近いようなことはできない。MojoをインストールするとiPhoneやiPad, iPod touch上に、脱獄をせずに、ゲームのエミュレーターやスクリーンレコーダーをインストールすることができるそうだ。

 

Mojoをインストールする方法

mojo-1

Step1. Safariから「https://mojoinstaller.co/」にアクセスする。
専用のMojoインストーラのページが表示される。ページにはパッケージに関する多くの情報が表示されている。

mojo-2

Step2. 中央の「Install directly from your iDevice」ボタンをタップし「Build Custom Profile」をタップ。

mojo-3

Step3. 「インストール」をタップ。必要であればパスコードを入力して「インストール」。

mojo-4

Step4. 続いて、「Install Mojo」をタップし、「Install」、「インストール」の順でタップ。

mojo-5

Step5. 「次へ」、「インストール」、「完了」の順でタップ。

mojo-7

うまくインストールが完了すると、ホーム画面上にMojoアイコンが表示されている。このアプリからゲームのエミュレーターやスクリーンレコーダーをインストールすることができるようだ。Mojoアプリを開いても白い画面のまま、またはサーバーが応答しない時はしばらくまってから開く必要がある。

 

Mojoアプリを削除する場合

mojo-8

インストールしたMojoアプリは長押しで削除することができず、設定>一般>プロファイルからMojo Installerのプロファイルを削除することでホーム画面上のアプリを削除することができる。

 

また、その他の具体的な使用方法については、各自で試していただきたい。

 

参考:Redmond Pie

– Ads & Featured Contrents –