quicktime7

WindowsにインストールされているQuickTimeをアンインストールしよう

昨日、トレンドマイクロのZero Day Initiativeは2つのセキュリティアドバイザリ「ZDI-16-241」と「ZDI-16-242」を公開した。これらはAppleのQuickTime for Windowsに影響するものである。

2つの脆弱性は、悪意のあるページに訪れた時、または悪質なファイルを開いた時、攻撃者が遠隔でコード実行を可能にするというものであるようだ。

さらにトレンドマイクロは、AppleはQuickTime for Windowsの使用を非推奨することを明らかにした。
トレンドマイクロによると、セキュリティ更新プログラムを含むWindows用のQuickTimeのアップデートを更新しないことを意味する。

公開されているQickTime for Windowsの最終バージョンは7.7.9であるようだが、現在はまだ公式サイトからダウンロード自体はできるようだ。しかし、サポートされているOSはWindows 7までとなっている。

Mac用のQuickTimeは今後も更新が続けられていくため問題ないが、Windowsユーザーである場合は上記の脆弱性のためアンインストールすることが推奨されている。

Appleのサポートページにも以下のように記載されてある。

従来のブラウザプラグインを削除すると、Windows パソコンのセキュリティが向上します。

Apple

QuickTimeをアンインストール

how-to-uninstall-quicktime7-1

QuickTime for Windowsをアンインストールするには、コントロールパネルから簡単に行える。

  1. コントロールパネルを開く
  2. プログラムのアンインストールを選択する
  3. QuickTime 7の項目を選択し「アンインストール」をクリック

 

アンインストール後

QuickTimeをアンインストールしてしまうと、これまでQuickTimeで再生していた動画がある場合は、代わりになるものを探さなくてはいけないことになる。再生することで考えると.movファイルを再生できるVLCメディアプレイヤーなどを代替として使用するユーザーが比較的多いようだ。ブラウザ上のプラグインの代替としてもVLCは利用できるが、最新のGoogle Chrome用には対応していないようだ。

また、これまでのiTunesはビデオ再生のためにQuickTimeが必要となっていた。しかし現在のiTunesはQuickTimeがなくても正常に動作するためアンインストールしても問題はないだろう。

 

– Ads & Featured Contrents –