iPhone-6-vs-galaxy-S6

Samsung、「6 > 6」マーケティングキャンペーンとしてiPhone 6との比較動画を公開

Samsung Mobile USAではマーケティングとして新たにiPhoneに対抗する「6 > 6」と題する2つの動画を公開した。動画の内容はSamsungのフラッグシップであるGalaxy S6, Galaxy S6 edgeとiPhone 6を戦わせるようなものとなっている。

 

動画は昨日公開されたばかりだが、再生回数はすでに10万再生以上となっており、コメントを含め、低評価と高評価が競っており注目されていることがわかる。

 

「6 > 6」

まず1つ目の動画ではSamsungのGalaxy S6 edgeの湾曲したディスプレイ、エッジスクリーンを披露しているものである。エッジスクリーンでは横から見てもすぐに分かるようにエッジ部分が光って知らせてくれる。それに対してiPhone 6は…とでも言いたいような動画である。

さらに2つ目の動画ではマットの上にデバイスを置くことでワイヤレスで充電できるというGalaxy S6 edgeの能力を披露しダブルパンチに。さらに追い打ちをかけるようにGalaxy S6(とS6 edge)のフロントカメラでは120度の広角を持つカメラを備えていることを伝えてカメラを起動する。

 

結果としてiPhoneで撮った場合は右端にいる「nana」と呼ばれる女性がうまく画像に写っていないではないかということを指摘している。

 

2つの「6 > 6」の動画の最後には「Not all smartphones are created equal.(全てのスマートフォンが同じように作られているわけではない。)」と念を押している。

 

以前からこういった動画が公開されているということもあり、SamsungはAppleの有能なApple Storeの従業員をからかうか近頃のiPhone 6や6 Plusを嘲笑うかのようにさえ思えてしまう。

 

この動画についてどう思いますか?

via:Phone Hacks

– Ads & Featured Contrents –