zoom-bug

iOS9で新たなバグ「写真の無限ズーム」が発見される。

iOSの写真アプリでは、ユーザーによるピンチインで写真を拡大することができるが、一定の倍率のズームしかできないようになっており、それ以上ピンチインで拡大しようとしても元に戻るような仕組みになっている。

iDownloadBlogによると、ある方法を行えば写真アプリの写真で設定されている限界を超えて拡大することができるという。

通常は一定の倍率までしか拡大できないが…

zoom-bug-before

通常であれば、写真アプリ内から写真や画像をズームするためにピンチインしてもある一定の倍率までしか拡大することが出来ないようになっている。

しかし、以下で紹介する簡単な手順を行うと、一定の制限を超えてズームすることができる。

 

トリミングを使用すると無限ズーム可能に

zoom-bug-1

Step1. 写真アプリを起動し任意の写真で「編集」をタップする

Step2. 下部にあるトリミングアイコンをタップする

 

zoom-bug-2

Step3. 左下にある回転アイコンをタップして画像を回転させて、右下の「完了」ボタンをタップする

 

zoom-bug-after

たったのこれだけの手順で無限ズームが可能になるようだ。いくつかの報告ではこのバグはiOS9以降で確認されており、iOS9.3.3 betaでも修正されていないようだ。iOS8以前では確認できていない。

また、回転させなくても画像比を9:16などに指定して完了しても可能だという報告もあるようだ。

特にユーザーにとって困るバグではないので早急に修正されることはないかもしれない。

 

参考動画

情報元:iDB

– Ads & Featured Contrents –