「Siriによるパスコード回避」と「ナイトシフト+低電力モード」のバグが修正される

本日iOS9.3以降で発見されたSiriによるパスコード回避とナイトシフト+低電力モードの2つのバグが修正されていることが報告されている。

この2種類のバグのうち、Siriによるパスコード回避は急いで修正する必要があったが、低電力モードとナイトシフトの両方を使用することが出来るバグは少しありがたいと感じるユーザーも少なくないはずだ。

しかしこれらの2つのバグはすでに修正されていることを9to5macで報じられている。

ナイトシフト+低電力モードのバグの修正

iOS 9.3がリリースされてから新たな機能ナイトシフトが追加されていた。ナイトシフトは目に優しい色に変更することで、長時間デバイスを閲覧しても目にかかる負担を減らすことができると言われてる。

このナイトシフト機能を使用している時に低電力モードを有効にすると、ナイトシフト機能は無効になってしまうというバグが存在した。

このバグを利用することでNightShift+低電力モードを同時に利用することができていたが、残念ながら現在修正されてしまっているようだ。

apple-fixe-siri-and-nightshift-low-power-mode-bugs-1

これまではこのバグを利用しようとすると、低電力モード中でもSiriを利用することですぐにナイトシフトを有効にすることが出来た。

しかし現在はSiriを通じてナイトシフトを有効にしようとすると「Night Shiftをオンにするには、低電力モードをオフにする必要があります。続けてもよろしいですか?」と問われてしまうようになっている。

 

パスコード回避のバグの修正

こちらのバグはすぐに修正すべき問題だった。パスコードロックがされているデバイスのロック画面上でTwitter検索で「@gmail」などの検索を行い、iPhone 6sやiPhone 6s Plusで利用できるプレスを利用してカメラロールや連絡先にアクセスできてしまうというバグが存在した。

この問題は非常に危険なバグであり、すぐに新しいiOSがリリースされると噂されていたが、もっと簡単に修正することが出来たようだ。

apple-fixe-siri-and-nightshift-low-power-mode-bugs-2

現在は、同じ手順で「Twitter検索」とSiriに話しかけても、「まず、iPhoneのロックを解除してください。」と言われ、Touch IDまたはパスコードの入力を求められるようになっている。

 

情報元:9to5mac

 

– Ads & Featured Contrents –