iTunesで発生するエラーリストといくつかの対処法

iTunesを使用していると、エラーが発生することがある。iPhoneを復元するときやアップデートする時、iTunes Storeでコンテンツを購入やダウンロードする時など、多くの場面でエラーが発生することがある。

iTunesで発生するエラーには多くの種類が存在し、その中でも以下のようなエラーメッセージと共にエラーコードが表示されていることが多い。

  • 不明なエラーが発生しました
  • iPhoneを復元できませんでした
  • iPhoneを更新できませんでした

「不明なエラーが発生しました」というメッセージの後に数字が書かれていることが多い。もちろん他のメッセージと一緒に表示されるエラーコードも多くある。

エラーが発生した場合に表示されるエラーコード、数字によって問題が発生する原因を特定できる可能性がある。

 

以下はこれまでに報告された内の比較的多くのユーザーの環境で発生したエラーやApple公式で公開されているエラーの一覧をまとめたものである。このリストで説明している方法で必ず解決するというわけではないので参考程度に見ていただきたい。

また、このリストにないエラーもたくさんあるので、もしここにはないiTunesエラーが発生した場合は是非コメントで教えていただきたい。このページはエラーが報告、解決方法が確認出来次第、随時追記していく。

 

もくじ

エラーコード 「-9900」 ~ 「-5001」

-9843

ログアウトしているにもかかわらずiTunes Storeから何かをダウンロードしようとした時に発生するとこのエラーが発生することがある。また、その商品を持っていないアカウントを入力してダウンロードした場合にもこのエラーが発生する。

 

-9815, -9814-9808-9800

正確な日付と時刻が設定されていない場合に発生するエラー。PCの日付の設定を正しい物に変更し、PCを再起動する。(参考:Apple

 

-9812

「iTunes は、iTunes Store に接続できませんでした。不明なエラーが発生しました (-9812)。ネットワークの接続を確認して、やり直してください」

という内容のエラーが表示される。システム時刻を確認し、モデムの電源を切るなどしてインターネット接続をリセットする。Windowsの場合はルート証明書を更新する。(参考:Apple

 

エラーコード 「-5000」 ~ 「0」

-5000

mobile applicationフォルダのアクセス権に問題がある場合に発生する。iTunesでダウンロードしようとしたアプリを保存できない時に発生することが多い。

 

-3259

接続のタイムアウト。もう一度試行する。

 

-3221

セキュリティソフトが原因であることが多い。セキュリティソフトに、Apple製品全てのサービスの許可を設定する。(参考:Apple

 

-3194

デバイスが要求されたビルドの対象外。デバイスにAppleがファームウェアに署名していないバージョンをインストールしようとするときに発生する。署名を確認するにはこちら

または単純なダウンロードエラー。

 

-54

同期する際に発生することがある。「iPhone * を同期できません。不明なエラーが起きました (-54)」など。OKボタンをクリックするだけで解決することが多いが、同期されない場合はセキュリティソフトを一時的に停止するか、iTunesライブラリのファイルを統合する。

iTunesも最新のものがインストールされているかを確認する。(参考:Apple

また、権限エラーの可能性もあるため、iTunesアイコンを右クリックし、プロパティを選択し、セキュリティ>詳細設定>編集>所有者の順で進み、現在使用しているユーザーに権限を与えることで解決する。

 

-50

iTunes Storeでサインインしようとした時や過去に購入したコンテンツ(音楽など)をダウンロードしようとすると発生することがある。

iTunesを再インストールするか、キャッシュ済みのダウンロードファイルを一度削除することで解決する。(参考:Apple

  • Windowsの場合 : 検索に「%USERPROFILE%\Music」と入力し、iTunes > iTunes Media > iTunes Media(またはiTunes Music) > Downloadsを開き、フォルダの中のファイルをすべて削除する。
  • Macの場合 : ミュージック > iTunes > iTunes Media > iTunes Media(またはiTunes Music) > Downloadsを開き、フォルダの中のファイルをすべて削除する。

 

-35

iTunes Storeからコンテンツをダウンロードしようとするときに発生する。

「ダウンロード中に問題が起きました。必要なディスクが見つかりません。」というエラーと共に発生することが多い。

外付けHDDに設定している場合によく起こる問題でもあり、iTunesの設定内の詳細タブにあるiTunes Mediaフォルダーの場所の変更をクリックし、正しい場所を再設定しライブラリを再構築すると解決する。(参考:Apple

またはhostsやファイアウォール、セキュリティソフトウェアを確認する。(参考:Apple

 

-1

PCまたはiOSデバイスのハードウェアに問題がある為発生していることもある。この場合は別のPCや別のUSBポートなど、環境を変更すると解決することがあるが稀である。最寄りのApple Storeへ。

 

エラーコード 「0」 ~ 「100」

1

PCまたはiOSデバイスのハードウェアに問題がある為発生していることもある。この場合は別のPCや別のUSBポートなど、環境を変更すると解決することがあるが稀である。最寄りのApple Storeへ。

 

2

iTunesをインストールしようとするときに発生することがある。Windowsのアップデートがある場合はアップデートし、Windowsでサポートされている最新バージョンのiTunesであるかを確認する。その後、不完全なiTunesがあれば一度アンインストールし、再びiTunesをインストールする。

その他、iTunes.exeファイルをiTunes.rarに手動で名前を変更し、Winrarで解凍した後にAppleApplicationSupport.msiだけをインストールすると解決することがある。(参考:Apple

 

6

アップデートや復元を行った時に発生することがある。USBポートを変更して復元し直すと問題なく復元できることがある。

その他、セキュリティソフトがPC上にインストールされている場合は、一時的に停止してから行うと解決することもある。

また、PC上の以下の場所にある「.ipsw」ファイルを削除することで解決するとの報告もある。(参考:JustAnswer

  • Windows XP: C:\Documents and Settings\username\Application Data\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates\
  • Windows 10, 8, 7 & Vista: C:\Users\username\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates\

 

9, 10

アップデートや復元を行った時に発生することがある。USBポートやPCを変更して復元し直すと問題なく復元できることがある。その他、セキュリティソフトを一時的に停止、最新バージョンのiTunesがインストールされているかを確認。また、WindowsやMacでアップデートがある場合で更新していない時にも問題が発生することがあるため、アップデートがないかを確認する。(参考:Apple

 

14

アップデートや復元を行った時に発生することがある。USBポートを変更して復元し直すと問題なく復元できることがある。

その他、セキュリティソフトがPC上にインストールされている場合は、一時的に停止してから行うと解決することもある。

また、PC上の以下の場所にある「.ipsw」ファイルを削除することで解決するとの報告もある。(参考:JustAnswer

  • Windows XP: C:\Documents and Settings\username\Application Data\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates\
  • Windows 10, 8, 7 & Vista: C:\Users\username\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates\

 

17

iTunes がアップデートサーバと通信できない場合に発生する。hostsファイルの編集(Apple)、セキュリティソフトを一時的に停止や別のPCやUSBポートを使用すると解決する。

 

21, 23, 26

復元や更新を行うと発生することがある。iOSデバイスまたはPCのハードウェアに問題がある可能性もある。

セキュリティソフトを一時的に停止、ネットワークに接続できているかどうかを確認する。またはhostsファイルを確認する。(参考:Apple

 

27

古いバージョンのiOSからiOS9.0 betaにアップグレードしようとするときに発生することがあると報告されている。最新のバージョンのiOSにアップグレードすると解決する。

 

28

ハードウェアエラーの場合に発生する。殆どの場合はApple Storeに持って行き修理してもらうしかない。iOSデバイスのDockコネクタで不良があった場合に発生することが多い。

 

29

バッテリーに異常がある時に発生するエラーと報告されている。Apple Storeに持ち込むか、自力でバッテリーを変更する。

 

31

間違ったファームウェアで復元をすると発生することがある。デバイスがDFUモードになっている場合は終了することが出来ない、いわゆる「DFUループ」の状態が続く。動作するファームウェアで復元することで解決する。

 

34

ダウンロード中にハードディスクの空き容量不足が原因で発生するエラー。ハードディスクの容量を開けてから再試行。

 

40

復元時に発生することがある。リカバリーモードを使用して復元を行うと解決する。(参考:Apple

 

48

復元または更新中にベースバンドチップの不良または故障した可能性がある。もう一度試してみて動作しない場合はハードウェアの修理が必要となる場合がある。

 

53

Touch IDに問題がある場合に発生すると言われている。Touch IDをサードパーティ製に変えることで文鎮化してしまう時にも発生する。

iOSを最新バージョンにアップデートすることで解決する。(参考:Apple

 

56

Touch IDの不良/故障である可能性が高い。DFUモードを利用し最新のファームウェアで復元する。iPhoneの場合はSIMカードを取り出してからDFUモードで復元すると解決することがある。

解決しない場合はApple Storeへ。

 

エラーコード 「1000」 ~ 「1999」

1002

復元中に発生することがある。気づけばiTunesに接続して復元するように促す画面になっていることもある。

この問題の解決策はあまり報告されておらず、殆どの場合はApple Storeに持込修理となる。

 

1013

ベースバンドが更新されなかったことを意味する。PC上のhostsファイルから「gs.apple.com」エントリを削除すると解決する。(参考:Apple

 

1403, 1413, 1415, 1418, 1439

PCを再起動またはUSBポートを変更, iTunesを再インストールすると解決することがある。

 

1618

iTunesのシステムファイルのデータが見つからないまたは破損している時に発生する。iTunesを一度完全にアンインストールした後、PCを再起動してからiTunesを再インストールする。

 

1671

iOSをアップデートするときに発生することがある。リカバリーモードを使用して復元し直すと解決する。また、iTunesが最新バージョンであることを確認する。(参考:Apple

 

エラーコード 「2000」 ~ 「2999」

2001, 2002

アップデートや復元を行った時に発生することがある。USBポートやPCを変更して復元し直すと解決することがある。その他、セキュリティソフトを一時的に停止、最新バージョンのiTunesがインストールされているか、WindowsやMacで更新がないかを確認する。(参考:Apple

 

2003, 2005, 2006, 2009

マウスやキーボード以外の全てのUSBに接続されているものを外してPCを再起動すると解決することがある。その他、USBポートを変更、またはPCを変更して復元し直すと解決することがある。

 

2324

iTunesのインストールまたはアンインストールに発生することがある。管理者権限でログインし、Windowsのアップデートを行った後、iTunesの修復を行う。(参考:Apple

または、iTunesを含むiTunesに関連するとソフトウェアを以下の順でアンインストールし、PCを再起動してからiTunesを再インストールする。(参考:Apple

  1. iTunes
  2. Apple Software Update
  3. Apple Mobile Device Support
  4. Bonjour
  5. Apple Application Support (32 ビット)
  6. Apple Application Support (64 ビット)

 

エラーコード 「3000」 ~ 「3999」

30023004, 3014

iTunesが「gs.apple.com」へ接続できない時に発生する。多くの場合はhostsファイルの確認をすると解決する。(参考:Apple

 

3191

QuickTimeが破損している可能性がある。QuickTimeを再インストールする。Windowsユーザーの場合、互換モードを利用している場合はオフにする。

 

3194

Appleの署名がされていな古いファームウェアをインストールしようとすると発生する。最新のiOSに復元しようとしても発生することがあり、この場合はhostsファイルを編集し、「gs.apple.com」を削除すると解決する。(参考:Apple

 

3200

アップデートや復元を行った時に発生することがある。USBポートやPCを変更して復元し直すと解決することがある。その他、セキュリティソフトを一時的に停止、最新バージョンのiTunesがインストールされているか、WindowsやMacで更新がないかを確認する。(参考:Apple

 

エラーコード 「4000」 ~ 「9999」

4005, 4013, 4014

アップデートや復元しようとすると発生することがある。これはアップデートまたは復元の最中にiOSデバイスとの接続が切断された場合に起こることが多い。

最新バージョンのiTunesがインストールされているかを確認しPCを再起動する。別のUSBやPCを利用して再度アップデートまたは復元を行う。(参考:Apple

 

8003, 8008, 8010, 8012

iTunes Storeでサインインしようとした時や過去に購入したコンテンツ(音楽や映画など)をダウンロードしようとすると発生することがある。

iTunesを再インストールするか、キャッシュ済みのダウンロードファイルを一度削除することで解決する。

  • Windowsの場合 : 検索に「%USERPROFILE%\Music」と入力し、iTunes > iTunes Media > iTunes Media(またはiTunes Music) > Downloadsを開き、フォルダの中のファイルをすべて削除する。
  • Macの場合 : ミュージック > iTunes > iTunes Media > iTunes Media(またはiTunes Music) > Downloadsを開き、フォルダの中のファイルをすべて削除する。

(参考:Apple

 

9006

デバイス用のソフトウェアをダウンロードする時に発生することが多い。このエラーのほとんどの場合はセキュリティソフト、ファイアーウォールの問題である。

一時的にセキュリティソフトを停止して再度ダウンロードする。(参考:Apple

 

エラーコード 「10000~」

11222

デバイス用のソフトウェアをダウンロードする時に発生することが多い。このエラーのほとんどの場合はセキュリティソフト、ファイアーウォールの問題である。

一時的にセキュリティソフトを停止して再度ダウンロードする。(参考:Apple

 

11556

iTunesストアで国内で利用できないコンテンツを利用している場合や、禁止されている場合に発生する。

もし国内のものである場合は、iTunesの設定の「ペアレンタル」タブにある「使用停止にする」項目のiTunes Storeのチェックが入っている場合に発生する。チェックを外すと解決する。

 

13010, 13014, 13019

iOSデバイスをiTunesと動機させるときに発生することがある。最新バージョンのiTunes, iPhone, iPad, iPod touchであることを確認する。

最新バージョンでもエラーが発生している場合は、セキュリティソフトを一時的に停止、またはiTunesライブラリ内のファイルを統合すると解決する。(参考:Apple

 

– Ads & Featured Contrents –