AssistiveTouch

AssistiveTouch機能が想像以上にiPhoneユーザーから好まれるその理由とは

iOSデバイスではAssistiveTouch機能というものが搭載されており、iPhoneやiPad, iPod touchを使用する際にいくつかのジェスチャーを行うことができるというものである。

 

多くのiPhoneユーザーはすでに使用しているまたは知っているはずだ。

しかしこれを実際に使用している人はどのぐらいなのだろうか。具体的な数値ではないが海外メディアBusinessInsiderではアジア諸国で予想以上に多くのユーザーに使用されているということを指摘している。

 

ホームボタンの破損を恐れている

AssistiveTouch3

iOSデバイスを使用する際にAssistiveTouchを有効にしていれば片手で操作している時などで指が届かない場合に簡単に通知センターを表示させることができたりよく使う項目を呼び出したりすることができる。

 

しかしBusinessInsiderでは実際のところAssistiveTouchを使用する一番の目的はホームボタンの使用頻度を減らすことが目的だと指摘している。AssistiveTouchを使用することでホームボタンの役割までしてくれるので、この機能を使ってホームボタンをクリックする回数を減らしているわけだ。

確かに随分前からiPhoneのホームボタンが壊れてしまい困っているという話はよく聞く。ホームボタンの故障を経験したことがあるユーザーはAssistiveTouchを使用している人が多いのではないだろうか。

 

AssistiveTouchをオンにする方法

AssistiveTouch2

標準ではAssistiveTouchが有効になっていないため、設定アプリを通じて有効にする必要がある。

設定 > 一般 > アクセシビリティ > AssistiveTouch > 

の順で進みAssistiveTouchのスイッチを有効にすると使用可能となっている。その他詳しい説明は以下のAppleの公式リンクで確認できる。

iOS デバイスで AssistiveTouch を使う

 

BusinessInsider

 

 

– Ads & Featured Contrents –