chrome-plugins

いつの間にか削除された「chrome://plugins」のページについて

頻繁に使用するということはないかもしれないが、以前まではGoogle Chromeのアドレスバーに「chrome://plugins」と入力すると、Flashの有効/無効化などのプラグインを切り替えることが出来ていた。

しかし、いつのまにかこのページはもう存在していないようだ。実際には数ヶ月前に廃止されていたが、このページでFlashの有効や無効を切り替えていたユーザーは戸惑うかもしれない。

「chrome://plugins」はChrome 57で廃止

chrome-plugins

調べたところによると、Chrome 57.0.2987.98以降で廃止されているようだ。

実際に「chrome://plugins」をコピーしてChromeのアドレスバーにペーストして表示させてみると上の画像のように「chrome://plugins/ のウェブページは一時的に停止しているか、新しいウェブアドレスに移動した可能性があります。」と表示されアクセスできない。

今後は設定からコントロール可能

こちらの情報によると、chrome://pluginsページを削除してFlash Playerなどを設定(コンテンツ)に移動し、

Adobe Flashコンテンツが表示されるタイミングを制御するにはchrome://settings/contentを使用し、
インストールされているAdobe Flash Playerのバージョンを表示するにはchrome://componentsを使用します。

とのこと。数ヶ月前の事なのですでに多くのユーザーは知っているかもしれないが初めて知ったユーザーは参考にしてほしい。

情報・参考

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.