Windows10でiPhoneを認識しない時やiTunesと同期できない時の解決法

Windows10にアップグレードしてから、iTunesがiPhoneを検出または認識しなくなったという報告がちらほらとあるようだ。もちろんWindows10以外のPCでも認識しない報告はあるが、Windows10にしてからという場合が多い。

いくつかの解決方法があるが、場合によって解決した方法が異なるためどの方法で必ず解決するというわけではないが、ここでこれまでにあった解決方法をまとめて紹介する。

認識しない時、まず確認すべき項目

まずは以下の基本的な項目を確認してみよう。意外と簡単に解決することがあるのでこれらの項目を見直し、それでも改善しない場合は次のステップに進む。

 

ユニバーサルシリアルバスコントローラーを確認

  1. Windows10の検索から「デバイスマネージャ」を起動
    デバイスマネージャを開く

    Windowsの検索ウィンドウに「デバイスマネージャ」と入力し、デバイスマネージャを開く。

  2. USBコントローラーにAMD-USB-Driverがあるかどうか
    「Apple Mobile…」を探す

    「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」という項目を開き、「Apple Mobile Device USB Driver」があるかどうかを確認する。

  3. USBコントローラーのAMD-USB-Driverを有効
    下向き矢印の場合

    もしApple Mobile Device USB Driverのアイコンに下向きの記号が表示されている場合は、右クリックしメニューから「有効」を選択する。

  4. 他のデバイスにApple iPhoneが表示されている
    ドライバがない場合

    先ほどのステップでMobile Device USB Driverが表示されていなかった場合、以下の項目に「Apple iPhone」や「Apple iPad」、「Apple iPod」などが表示されているかどうかを確認する。

    • イメージング デバイス
    • ほかのデバイス
    • ポータブルデバイス
    • ユニバーサルシリアルバスコントローラ

    もしこれらの項目内に「Apple iPhone」などが見つかった場合、その項目を右クリックして手動でMobile Device USB Driverを手動でアップデートする。
    Apple Mobile Device USB Driver を手動でアップデート」へ。

AMD USB Driverを手動でアップデート

Apple Mobile Device(AMD) USB Driverに問題があったら手動でアップデートすると解決することがある。手動でのアップデートは以下の手順で行う。

  1. 問題があったドライバを右クリックしドライバーソフトウェアの更新
    ドライバを右クリックして更新

    問題があるドライバを右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を選択する。

  2. 「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択する。
    ソフトウェアを検索

    次に、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択する。

  3. 「デバイスドライバーの一覧から選択」を選択
    ドライバーの一覧から選択

    次に、「コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択する。

  4. 「ディスクを使用」を選択する
    ディスク使用を選択

    ディスク使用」ボタンが表示されていればクリックする。もし「ディスク使用」ボタンが表示されていない場合は、一覧から「モバイルデバイス」を選択して「次へ」をクリックした後に表示される「ディスク使用」を選択する。

  5. 「usbaapl64」を選択する
    参照からusbaaplを指定

    参照」ボタンをクリックし「C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers」に移動し、「usbaapl」または「usbaapl64」を選択して「開く」をクリックしたあと「OK」ボタンをクリックする。

    「Drivers」がない場合や、「Drivers」フォルダー内にusbaaplが見つからない場合は「C:\Program Files (x86)\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers」を探す。

  6. ドライバソフトウェアをインストール

    「ドライバーソフトウェアをインストールしています…」と表示されるのでしばらく待ち、問題なく完了したら「ドライバーソフトウェアが正常に更新されました。」と表示される。無事に問題がしているかどうかを確認する。

Apple Mobile Device Serviceを再起動する

iPhoneが認識されない場合、Apple Mobile Device Service(AMDS)を再起動することで認識されるようになることがある。AMDSを手動で再起動するには以下の手順で行う。

  1. Win+Rキーを押してサービスを起動
    Windowsの「サービス」を起動

    Win+R」キーを押して「services.msc」と入力し「サービス」を起動する。

  2. Apple Mobile Device Serviceを停止する
    AMDSを停止する

    Apple Mobile Device Service(AMDS)を完全に再起動させるために、再起動ボタンからではなく、停止ボタンを押して再起動を行う。

    サービスのウィンドウの右側から「Apple Mobile Device Service」(AMDS)を探しダブルクリックしてAMDSのプロパティを開く。
    サービスの状態にある「停止」をクリックする。

  3. 再びAMDSを開始する

    AMDSが停止したことを確認し、再度「開始」ボタンをクリックしてApple Mobile Device Serviceを起動させる。
    また、スタートアップの種類が「自動」になっているかを確認しておこう。

    以上の手順でApple Mobile Device Serviceの再起動は完了となる。

出典または引用

– Ads & Featured Contrents –