TaiGJBreak2_EN

TaiG 2を使ってiOS 8.1.3からiOS 8.3を脱獄する方法

TaiGチームは本日、iOS 8.3の脱獄ツールTaigの新バージョンTaiG 2.0をリリースした。

 

これまではPangチームがリリースするだろうと期待されていたがTaiGチームが先にリリースした。対応するバージョンはiOS 8.1.3 ~ iOS 8.3となっている。

ここでは、TaiG 2.0を使用したiOS 8.1.3 ~ 8.3の脱獄の手順・やり方を簡単に説明する。

 

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

 

TaiG 2.0 対応デバイス

TaiG v2.0.0では以下のiOS 8.1.3 – 8.3デバイスと互換性がある

  • iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s
  • iPad Air 2, iPad mini 3, iPad Air, iPad 4, iPad 3, iPad 2, Retina iPad mini, 1st gen iPad mini
  • iPod touch 5th generation

脱獄前の注意事項

  • Taigでの脱獄は現在Windowsのみ利用可能となっている
  • 完全脱獄が可能なツールである
  • 9.0 betaには非対応(iOS 8.4 beta 4では可能)
  • 事前にiCloudやiTunesなどを使用して安全にバックアップを行なっておくこと
  • アンチウィルスプログラムやファイアーウォールがTaigの妨げになる可能性があるので一時的に無効にする
  • (2015/06/23)時点ではCydia SubstrateがiOS 8.2や8.3に互換性がないため、殆どのTweakは動作しない
  • 現在(2015/06/25)TaiG 2.1がリリースされCydia Substrateも対応

脱獄手順

Step1 :
脱獄ツールTiaGの最新バージョンをこちらのリンクからzipファイルをお使いのPC上にダウンロードし解凍する。

Step2 :
USBケーブルを使ってデバイスをPCに接続する

Step3 :
設定 > Touch ID & パスコードからパスコードを無効にする

Step4 :
設定 > iCloud > iPhoneを探すをオフにする

Step5 :
Taigアプリを管理者として起動する。(exeファイルを右クリックし「管理者として実行」を選択)

Step6 :
Taigはデバイスを検出するのに少しだけ時間がかかるので検出を待つ。

Step7 :
TaiGJBreak_EN
正しいファームウェアバージョンが表示されていることを確認した後、下側のチェックボックスをオフにする

Step8 :
緑色のJailbreakをクリックする。サークル上のプログレスバーが表示されプロセスの進行を確認することが出来る。

Step9 :
TaiGJBreak_EN2
脱獄プロセスが完了すると自動的にデバイスが再起動し、ホーム画面上にCydiaアイコンが表示されていれば完了

 

そして、脱獄後はかならずiPhoneやiPad, iPod touchのrootパスワードを変更しておこう。

またiOS 8.3と互換性のあるTweak・脱獄アプリの一覧は以下のリンクから確認できる。

iOS 8.3 対応の脱獄アプリの一覧・互換性リスト

 

脱獄時の問題

Windows 64bitである場合はiTunesをダウングレードしても脱獄に成功しないことが多い。この問題はドライバーに原因があるようだ。こちらのリンクからドライバーをダウンロードし、Windows 64bitPCにインストールしてから再試行すると改善されるという報告がある。

実際に試してみたところ64bitPCでも無事にCydiaをインストールできた。もし20%で止まったりする場合は試していただきたい。また、成功した場合は情報として以下のコメント欄にてお知らせいただけると幸いだ。

 

TaiG 2で脱獄しようとすると20%で止まったりエラー1101が発生する問題

 

– Ads & Featured Contrents –