[iOS9] メールに添付されたファイルをiCloud DriveやiBooksに保存する

iOSデバイスで受信したメールに添付ファイルがある場合、これらはその場で確認することができるものがあるが、後で確認したいという時もあるはずだ。さらにどこか別のわかりやすい場所に保管しておきたい、ということもある。こういった時に便利である、Appleが提供している「iCloud Drive」。

iCloud Driveは、Appleが提供しているアプリケーションで、DropboxやGoogle Drive、OneDriveと同じように様々なファイルを1箇所にまとめて保存し、同じApple IDに関連付けられている他のすべてのデバイスからでもアクセスできるアプリケーションである。

iOSデバイスであれば、日頃から添付ファイルが送られてきた場合に、それらを簡単にiCloud Driveに保管しておくことができる。もちろんファイルの種類に関わらずiCloud Driveの容量に収まるサイズであれば全てのファイルを保存することができる。

 

また、画像やdocファイルであれば、iBooks上にPDFに変換してから保存することもでき、オフラインで閲覧することも可能だ。

ここでは受信メールに添付されているファイルをiCloud DriveやiBooksに保存する方法を簡単に説明する。

 

関連

iCloud Drive・フォトライブラリ・フォトストリーム・iCloudミュージックライブラリなどの違い

Step1. iCloudドライブを有効にする

how-to-save-file-to-icloud-drive-and-ibook-1
設定>iCloud>iCloud Drive>「iCloud Drive」を有効

まずiCloudドライブを設定アプリないから有効にしておく必要がある。設定>iCloud>iCloud Driveへと進み、「iCloud Drive」を有効に、アクセスしやすいように「ホーム画面に表示」も有効にしておくと良いかもしれない。

さらにiCloudへの保存を許可するアプリの一覧で、iOS標準のメールが有効になっていることもチェックしておこう。また、サードパーティ製のメールアプリを使用している場合は、そのアプリも有効にしておくと良いだろう。

Step2. 添付ファイルがあるメールを開き、保存する

how-to-save-file-to-icloud-drive-and-ibook-2

iOS標準のメールの場合、まず添付ファイルがあるメールを開く。iCloud Drive上に保存する場合は、メール内の添付ファイルを長押しする。すると、下から共有メニューが表示さるので、「添付ファイルを保存」を選択する。

how-to-save-file-to-icloud-drive-and-ibook-3

するとiCloud Drive上の保存する場所を指定できるので、好みの場所を指定し、下部にある「この場所に書き出す」を選択する。これだけでiCloud Drive上に保存できる。

 

Step3. 画像やdocファイルをPDFとしてiBooksに保存する場合

how-to-save-file-to-icloud-drive-and-ibook-4

docファイルや画像ファイルのような添付ファイルはPDFとしてiBooksに保存することができる。この場合は、一度添付ファイルをタップしてプレビュー画面を開いてから右上の共有ボタンをタップして共有メニューを表示させる。その後、「PDFをiBooksに保存」を選択する。

Step4. 保存されていることを確認

how-to-save-file-to-icloud-drive-and-ibook-5

iCloud Driveに保存した場合、ホーム画面上に表示させているiCloud Driveアプリを開き、保存したファイルがあることを確認する。iBooksにPDFとして保存した場合も、ホーム画面上にあるiBooksアプリを開いて、問題なく保存されていることを確認する。

 

– Ads & Featured Contrents –