how-to-screenshot-on-windows

Windowsの標準機能でスクリーンショットを撮る4つの方法

Windowsでスクリーンショットを撮る方法 Windowsを使用していて、場合によっては頻繁に使うことになるスクリーンショット機能。
スクリーンショットを使用することでデスクトップ画面上やブラウザなどを画像として保存することができ、他のユーザーに共有したり、説明するときに非常に便利になる。

Windowsのバージョンによっては少し使い方や、使用できないものも存在する。

ここでは、Windowsの標準で搭載されている機能で、スクリーンショットを撮る方法を4つ、簡単に紹介する。

 

方法スクリーンショット直後スクリーンショット範囲
キーボードショートカット
PrtScn
クリップボードに保存ディスプレイ全体
キーボードショートカット
Windows+PrtScn
画像ファイルとして保存ディスプレイ全体
キーボードショートカット
Alt+PrtScn
クリップボードに保存アクティブウィンドウ
Windows標準ソフト
(Vista以降)
Snipping Tool
Snipping Toolで開く
編集/保存
自由形式の領域切り取り
四角形の領域切り取り
ウィンドウ形の領域切り取り
全画面領域切り取り

 

 

方法1. ショートカット「PrtScn」

  1. how-to-screenshot-on-windows-1-1
    1
    「PrtScn」ボタンを押す
    キーボードの右上辺りにある「PrtScn」を押すと、デスクトップ画面上に表示されている全体をクリップボード上に保存される。
    クリップボードとは、一時的に記録されるもので、その後別の場所にペースト(貼り付け)して使用するのが一般的である。(例:テキストのコピーペーストなど)
    今回の場合でも画像をクリップボードに保存して、後から別のソフトやアプリケーション上にペーストして表示させることが出来る。

    • PrtScnを押した瞬間は確認のダイアログなどが表示されるわけではない。
    • 「PrtScn」キーはキーボード上の右上にあることが大半であるが、キーボードによっては違う場所にあることもある。
    • 「PrtScn」という表記ではなく、「Prnt Scrn」や「Print Scr」、「Print Screen」と書かれている場合がある。
  2. how-to-screenshot-on-windows-1-2
    2
    スクリーンショットを貼り付ける

    上記の手順で撮ったスクリーンショットを、別のアプリケーションやソフトを使って貼り付けることで、確認することが出来る。
    ここでは最も一般的であるWindows標準のソフトである「ペイント」を使って貼り付ける。

    以下の手順でスクリーンショットをペイント上に貼り付けることが出来る。

    1. キーボードの「Windows+R」キーを押して「mspaint」と入力してエンターを押す。または「ペイント」を検索して選択。
    2. ペイントが起動したらキーボードの「Ctrl+V」キーを押す
    3. 保存する場合はペイントのツールバー上の「ファイル」>「名前をつけて保存」から保存することができる。

方法2. ショートカット「Windows+PrtScn」

  1. how-to-screenshot-on-windows-2-1
    1
    「Windows+PrtScn」ボタンを押す

    キーボードの左下にある「Windows」ボタンを押しながら右上にある「PrtScn」を押すと、デスクトップ画面上に表示されている全体のスクリーンショットを撮り、自動的に画像として保存してくれる。

    • 自動的に保存される場所は、「ピクチャ」フォルダ内にある「スクリーンショット」フォルダに設定されている。
      C:\Users\Pey\Pictures\Screenshots
    • 「スクリーンショット」フォルダが存在しない場合は自動的に作成される。
    • 画像はPNG形式で保存される。

方法3. ショートカット「Alt+PrtScn」

  1. how-to-screenshot-on-windows-3-1
    1
    「Alt+PrtScn」ボタンを押す

    キーボードの左下にある「Alt」ボタンを押しながら右上にある「PrtScn」を押すと、アクティブになっている特定のウィンドウ(一番手前に表示されているウィンドウ)がクリップボード上に保存される。

    クリップボードとは、一時的に記録されるもので、その後別の場所にペースト(貼り付け)して使用するのが一般的である。(例:テキストのコピーペーストなど)

    今回の場合でも画像をクリップボードに保存して、後から別のソフトやアプリケーション上にペーストして表示させることが出来る。

    • Alt+PrtScnを押した瞬間は確認のダイアログなどが表示されるわけではない。
  2. how-to-screenshot-on-windows-3-2
    2
    スクリーンショットを貼り付ける

    上記の手順で撮ったスクリーンショットを、別のアプリケーションやソフトを使って貼り付けることで、確認することが出来る。
    ここではWindows標準のソフトである「ペイント」を使って貼り付ける。

    以下の手順でスクリーンショットをペイント上に貼り付けることが出来る。

    1. キーボードの「Windows+R」キーを押して「mspaint」と入力してエンターを押す。
    2. ペイントが起動したらキーボードの「Ctrl+V」キーを押す
    3. 保存する場合はペイントのツールバー上の「ファイル」>「名前をつけて保存」から保存することができる。

    方法1での手順とは違い、デスクトップ背景などを含まずに手前のウィンドウのみ撮ることができる。

方法4. Snipping Tool

  1. how-to-screenshot-on-windows-4-1
    1
    Snipping Toolを起動する
    • Windows Vista/7の場合はスタートボタンから「すべてのプログラム」>「アクセサリ」を選び、一覧から「Snipping Tool」を選択する。
    • Windows 8/8.1/10の場合はスタートボタンをクリックし「Snipping Tool」と入力して「Snipping Tool」を選択する。
  2. how-to-screenshot-on-windows-4-2
    2
    スクリーンショットを撮る範囲を選択する

    Snipping toolはスクリーンショット撮る範囲を選択することが出来る。例えばブラウザ上の一部だけのスクリーンショットを撮りたいという時に便利なソフト。

    以下の4種類から選択しスクリーンショットを撮ることが出来る。切り取り領域を変更するには「新規作成」ボタンの右にある▼ボタンをクリックする。

    • 自由形式の領域切り取り
    • 四角形の領域切り取り(デフォルト)
    • ウィンドウ形の領域切り取り
    • 全画面領域切り取り

    また、右端にある「オプション」をクリックするとSnipping Toolの選択時の色やその他のいくつかのオプションの設定を変更できる。

  3. how-to-screenshot-on-windows-4-3
    3
    新規作成ボタンからスクリーンショットを撮る
    切り取り範囲を設定後は、自由形式または四角形で撮影する場合は、ドラッグして範囲を選択する。
    ウィンドウ形式の場合は撮影したいウィンドウを選択、全画面領域の場合はすぐにスクリーンショットが撮影される。
  4. how-to-screenshot-on-windows-4-4
    4
    保存または編集する

    Snipping Toolで撮影した後はSnipping Toolの編集機能のペンなどを使って編集し、保存、電子メールで送信することができる。

    保存する場合はJPEG(JPG)、PNG、GIF、HTMLの中から保存形式を選択することが出来る。

出典または引用

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.