ReStats

ReStats : 毎月の統計情報のリセットを自動で行う [脱獄アプリ]

几帳面な人ほどやっていることかもしれない、モバイルデータ通信の統計情報のリセット。

 

これを毎月簡単にリセットしてくれるという便利なTweak”ReStats“のご紹介。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。

 

ReStats2

ドコモやau、ソフトバンクでは月のデータ通信量の合計が7GBを超えた場合、その瞬間から通信速度を制限してしまうというものがある。データ通信量を気にしている人は現在データ使用量はどのぐらい使っているのか、ということを確認する必要があるわけだ。

確認する方法として設定アプリを開き、モバイルデータ通信の項目から確認することができるが、モバイルデータ通信のページの最下部で確認するとわかるように、”前回のリセット日時”と表示されており、前回のリセットからの統計となっている。

つまり毎月のデータ通信量を計測するためには毎月手動でリセットを行わなければならないということだ。

 

しかしReStatsを入れて、設定しておくと毎月自分で決めた日にデータ通信量をリセットしてくれ、手動でリセットする必要がなくなる。

ReStats3

ReStatsはCydia,BigBossから無料でインストールすることができる。インストールすると、設定項目からサイクル(周期)を設定することができ、毎月以外にも必要に応じて毎週や毎日のデータも確認することができる。

 

日本語ファイル(MediaFire)

このTweakは英語表記となっているが、日本語にしたい場合は上記のファイルをダウンロードして解凍し、iFunboxやiFileなどのファイルマネージャで、ja.lprojフォルダを以下に配置する。

/Library/PreferenceBundles/RCSPrefs.bundle/

配置後は設定アプリをマルチタスクから終了させて、再度設定アプリを起動すると適用されているはずだ。
日本語ファイルはTweakのバージョンが更新されると一部英語に戻ったりずれたりすることがあるので注意。日本語ファイルをiFileで配置する方法は以下のリンクを参考にしていただきたい。

iFileを使ってTweakの日本語ファイルを入れる方法 

 

このTweakについてどう思いますか?以下のコメント欄より意見をお聞かせ下さい。

 

– Ads & Featured Contrents –