daemon-crash

一部のTweakにデーモンプロセスに問題が確認される。削除を推奨。

海外掲示板redditにて、脱獄デバイスにインストールされているもので、デーモンプロセスでクラッシュやその他問題に繋がる可能性があるいくつかのTweakを確認できたことが報告されている。このredditでの投稿は多くの開発者が注目している。

 

以下で記述するTweakのリストを参照し、インストールしているものがあれば削除し、デバイスをリブートさせるように勧められている。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

デバイスが不安定に

具体的に起こるわかりやすい問題というのは報告されていないが、Tweakを作成する際、コードで不十分なもので作成されているものがいくつか存在し、それらのTweakはデバイスを不安定にしてしまったり、問題を発生させてしまったりすることがあるようだ。

 

この報告は有名な脱獄アプリ「Crashreporter」の開発者で、それ以外にもMultiIconMoverやFolderEnhancerのほか、多くの開発者向け用のパッケージも公開しているashikase氏によって報告されたものである。

 

ashikase氏の報告によると、いくつかのTweakでデーモンプロセスでクラッシュや問題に繋がる可能性があるTweakをいくつか確認したとのことだ。過去にあったlocationdの問題がこれらと一致するかは不明であるが、今回の問題もlocationdに影響を与える可能性があることは明確のようだ。

 

問題のあるTweak

問題があったTweakの開発者にはすでに報告済みで、修正箇所(UIKitに関するもの)もわかっており、いくつかのTweakはすでに対応している。

既知のTweak

  • BatteryLife – v1.6.6
  • Fake GPS Pro(定位修改器) – v1.7.1
  • GIFPaper8 – v1.2-111
  • Location Faker – v1.1-2
  • NoTracking+ – v1.1.2-1
  • OnTapMusic – v1.0-11
  • Package Update Notifier – v1.1.0
  • PredictiveKeyboard – v2.8-16
  • SubtleLock – v1.1-1
  • User Agent Changer – v1.1.8
  • Watchdog Lite – v1.0.1-31
  • WeeLoader – v1.4-3

既知のTweakで修正済みの物

  • Battery Temperature – v1.2.1-1
    • v1.2.1-2で修正済み
  • BytaFont Tweak Mode – v1.0.0-17
    • v1.0.0-18で修正済み
  • SSHMediaControls – v0.3.1-1
    • v0.3.1-2で修正済み
  • Watchdog Pro – v1.0.1-6
    • v1.0.2で修正済み

修正されていなものはアンインストール推奨

delete

ashikase氏は、上記で記載されている既知バージョンのTweak、またはそれ以前のTweakをインストールしている場合は、アンインストールしてデバイスを再起動することを勧めている。(リスプリングなどでは十分ではないため、必ずリブートを行おう。)

報告を受けてアップデートされているものは修正されている。

 

開発者には修正箇所なども報告されているようなので、リストに表記されているTweakの次回のアップデートで改善されているとは思うが、新たなバージョンがリリースされたからといって、必ず修正されているわけではないので注意しよう。

 

情報提供:Taka@0925さん

 

– Ads & Featured Contrents –