iOS 9.0.2が署名停止、現在iOS 9.1のみが署名中。脱獄ユーザーは注意。

Appleは本日iPhone, iPad, iPod touch用のiOS 9.0.2の署名を停止した。現在署名中であるファームウェアは iOS 9.1だけとなる。

iOS 9では非常に多くの不具合が報告されており、iOS 9.0.1, iOS 9.0.2と相次いでアップデートが公開されていたが、バグが多く報告されていたため早い段階でバグの多かったバージョンの署名を停止したとかんがえられる。

iOS 9.0.1、そしてiOS 9.0.2の署名が停止された現在はiOS 9.0.2へのダウングレードが不可能となっている。

現在署名中はiOS 9.1のみ

Appleは先ほどiOS 9.0.2の署名を停止した。現在署名中であるものはiOS 9.1だけとなっている。

1ヶ月前にリリースされたiOS 9では非常に多くのバグや不具合の報告が目立っており、ダウングレードを希望するユーザーが目立っていた。

また、iOS 9.0.1やiOS 9.0.2はバグが多かったiOS 9の修正バージョンであったが、未だに全てのバグが修正されているわけではないようだ。

ダウングレードが不可

署名中であるiOSバージョンのみダウングレードやアップグレードが可能であるため、これからはiOS 9.0.2へのダウングレードが不可能となる。もちろんそれ以前へのダウングレードも不可能となる。

脱獄ユーザーは

現在脱獄できるバージョンはiOS 8.4までとなっているため、すでに脱獄しているユーザーはアップグレードせずに待機しよう。

現在署名中のファームウェアのステータスは以下のページから確認できる。

 

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.