Chromeの設定画面が出ない!!真っ白になり表示できない!!を直す方法

Chromeを使用しているといつのまにかChromeの設定画面を開くと真っ白になっている時がある。これらを修正するためにChromeを完全にアンインストールし、再度インストールを行なうという方法を以前に紹介していた。

 

しかしもっと簡単に修正する方法を確認できたので紹介しておく。

 

関連記事

Chromeの設定画面が表示されない問題を解決

 

症状

症状としては以下のような状態。

  • 設定画面を開こうとしても真っ白な画面が表示されるだけでその他何も表示されていない
  • 拡張機能の問題ではなく、それ以外の問題だということを確認
  • 別アカウントとしてChromeを起動しても表示されない
  • アンチウイルスソフトなどを使用しても改善されず
  • Chromeをコントロールパネルから削除し、最新のChromeをインストールし直すも改善されず

 

※以下で紹介する手順ではChromeにログインし、設定を同期している状態であることが前提である。 

 

Step1. Chromeを完全に終了させる

Chromeは、右上のxボタンで終了させてもたまにきちんと終了できていないことがよくあるため、タスクマネージャ(Ctrl + Alt + Delete)を起動して必ず終了させておく。

たくさんある場合はメモリ使用量が高い順に並び替えて一番多く使用しているもののプロセスを終了させると手っ取り早い。

(Chromeへログインすると設定ファイルなどをGoogleアカウントで保存して同期してくれるので必ず同期しておくこと。)

 

Step2. 設定ファイルをバックアップして削除

Chrome-preferences

次にChromeの設定ファイルでもあるPreferencesをバックアップして削除を行なう。Preferencesは以下の場所に配置されている。

Windows XP

Google Chrome: C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default

Chromium: C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Chromium\User Data\Default

Windows 8 or 7 or Vista

Google Chrome: C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

Chromium: C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Chromium\User Data\Default

Mac OS X

Google Chrome: ~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default
Chromium: ~/Library/Application Support/Chromium/Default

Linux

Google Chrome: ~/.config/google-chrome/Default
Chromium: ~/.config/chromium/Default

Chrome OS

/home/chronos/

それぞれのOS、バージョンで場所が違うので自分のOSで配置されている場所へアクセスし、Preferencesというファイルをバックアップ(コピーしてデスクトップ保存など)しておく。

バックアップをした後Preferencesファイルを削除する。

 

Step3. Chromeを起動してログインする

chrome-settings-fix-(6)

その後Chromeにログインすると自動的にこれまで設定した内容などがGoogleアカウントを通じて復元してくれるのでしばらく待つ。

 

以上の手順で簡単に直ったのでなにかあればPreferencesをバックアップして削除するというのが手っ取り早いかもしれない。また、なにか問題があればすぐにバックアップしたPreferencesファイルを元に戻すようにしよう。

 

追記

セキュリティソフトを起動している場合は除外リストに以下を追加しておくと改善されるとの情報も。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Google

 

– Ads & Featured Contrents –