iCleaner Proを使って問題を起こしているTweakを特定する方法

iPhone, iPad, iPod touchを脱獄した後に様々な脱獄アプリやTweakをインストールし、気がつけばクラッシュを頻繁に起こしていたり、特定の動作をするとフリーズやセーフモードといった多くの問題を引き起こすことがある。

そういった問題を解決するためにiCleaner Proを使用しCydia Substrateを使用するTweakなどを停止して、原因であるTweakを探す方法があるということはすでに知っている人も多いと思う。

 

CydiaでインストールしたTweakが原因でクラッシュやセーフモードを引き起こしている場合はインストールした原因の元となっているTweakをアンインストールすると解決することが多いが、1つずつアンインストールするには少し手間がかかる上にどのTweakが原因なのかわからないことも少なくないはずだ。

そこで便利なものがiCleaner Proである。iCleaner Proはクリーナー以外にもいくつかのTweakの機能をオン/オフの切り替えを行なうことが出来る機能を持っている。この機能を使って原因のTweakを特定できることがある。

 

試したことがなかったり初めて知ったのであれば、セーフモードやクラッシュを引き起こしていたりその他問題があり、原因がどのTweakなのかわからない場合は以下のiCleaner Proを使った手順で原因を特定できるかもしれないので一度試して欲しい。

もちろん確実に特定できるというわけではないので注意が必要だ。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

リポジトリの追加

iCleaner-add-repo

まずはCydiaを起動し、iCleaner Proをインストールするために配布先であるリポジトリを追加する。Cydiaを開き、ソース > 編集 > 追加の順でタップし、

http://exile90software.com/cydia/」を入力してソースを追加をタップする。

ソースを追加すると黒い画面でパッケージなどを読み込む画面になり「Cydiaに戻る」をタップする。

 

iCleaner Proをインストール

install-icleaner-pro

リポジトリを追加できたらCydiaのソース画面を開き、

Exile90 > ユーティリティ > iCleaner Pro > インストール > 確認 > SpringBoardを再起動

の順でタップしていく。ここでの手順では検索タブから「iCleaner Pro」で検索することでも可能。

 

iCleaner ProでCydia Substrateアドオンを停止

icleaner-pro

  1. インストールするとホーム画面上にiCleaner Proのアイコンがあるのでタップして起動
  2. 左下にある「+」ボタンをタップ
  3. Cydia Substrateアドオンをタップ

icleaner-pro2

  1. ここでオフにしたい原因である可能性があるTweakをオフにする。左にインストールしたTweakなどが表示されており、同じ列にあるトグルをオフにするとそのTweakを無効にすることができる。
    (ここで注意しなければならないのはSubstrate Safe Modeは無効にすることはできるがオフせずオンのままにしよう。)

icleaner-pro3

  1. 無効にしたいTweakのトグルをオフにした後、右上にある「次へ」ボタンをタップ。
    (無効にするTweakがなんなのか全くわからない場合などはSubstrate Safe Mode以外の全てをオフにするために上部の「全て」をタップするとSafe Mode以外の全てのトグルがオフになる。)
  2. 再起動のポップアップが表示されるので「はい」を選択して再起動

 

停止して問題が改善されたら原因は特定できる 

上記の手順でオフにしたトグルのTweakは無効になった状態でデバイスが起動するという仕組みになっている。

例えば
BioProtectのトグルをオフにして起動する。すると、これまで起こっていたセーフモードやクラッシュがなくなった。というのであればBioProtectが原因でセーフモードやクラッシュが続いている可能性が高いということがわかる。

 

もちろんこれはこのTweakだけが原因というわけではなく、他のTweakとの問題であることがほとんどであるために、今度はBioProtectとSubstrate Safe Modeだけをオンにした状態だとどうなるのか…などを試していく内に干渉し合っているものがなんなのか、ということを突き止めることが出来るわけである。

 

つまり
原因がわからない場合は1つずつスイッチをオフにして再起動し、問題が改善されたのであれば最後にオフにしたTweakが原因であることがわかるということだ。

 

注意

Cydia Substrateアドオンから特定のTweakを無効にしている状態でTweakをアンインストールしないようにしよう。

無効にしている状態でアンインストールした場合は完全にアンインストールされない状態になり、その後問題を引き起こす可能性が高くなるので必ず有効にしてからアンインストールしよう。

 

 

– Ads & Featured Contrents –