GIFPaperを使ってMacの壁紙を動く壁紙に設定する方法

Macは通常、GIF画像(動画)を壁紙として設定できたとしてもGIFが動画として再生されることなく、静止画として壁紙に設定される。

しかし、海外の掲示板であるredditにてMacにGIF画像を動く壁紙として設定できる方法が紹介されており、いくつかのメディアでも取り上げられており話題になっているようだ。

Macのデスクトップの壁紙をGIF画像に

上記の画像はredditで紹介されていた使用例としてimgurにアップロードされていたものである。

通常、壁紙に設定できるのは静止画のみであるが、GIFPaperというソフトを使用して、GIF画像を壁紙として設定できる方法が紹介されていた。設定方法も非常に簡単で画像さえ用意していれば、GIFPaperを使用してすぐに適用することができる。

 

壁紙をGIF画像にする手順

事前に用意するもの

GIFPaper-1

  1. ダウンロードしたGIFPaperを解凍し、GIFPaperフォルダを開く。
  2. GIFPaperフォルダ内にある「GIFPaperPrefs.prefPane」をダブルクリックまたは右クリックから「開く」をクリックし、Macのシステム環境設定にGIFPaperの設定パネルをインストールする。

 

GIFPaper-2

  1. 設定パネルのインストールが完了すると、自動的にシステム環境設定が開くので、「GIFPaperPrefs」の項目を選択する。
  2. GIFPaperPrefsパネルの「Browse」をクリックし、事前に用意しておいたGIF画像を選択する。
  3. 画像に合わせて「Scaling」を設定する。
    • Proportionally Down(縦横比を保ったまま縮小)
    • Axes Independently(縦横比を無視して拡大または縮小)
    • None(拡大または縮小をしない)
    • Proportionally Up or Down(縦横比を保ったまま拡大または縮小)
  4. 必要があれば「Background Color」から背景の色を設定する。

 

GIFPaper-3

  1. 設定が完了したら環境設定パネルを閉じ、GIFPaperフォルダ内にある「GIFPaperAgent」をダブルクリックまたは右クリックから開く。

また、Macでログインした時に自動的にGIFPaperを起動させたい場合は、システム環境設定>ユーザーとグループ>ログイン項目にGIFPaperAgentを追加設定する必要がある。

アンインストールしたい場合は、システム環境設定内にある「GIFPaperPrefs」を右クリックし、「”GIFPaperPrefs”環境設定パネルを削除」を選択する。壁紙のGIF動画を停止したい場合はアクティビティモニタ内の「GIFPaperAgent」を停止させる。

本記事でサンプルとして使用させていただいたGIF画像は@1041uuuさんによるもので、こちらのページにこれまでに作品が保管されているようだ。日本の風景がメインなドット絵が多数あり、素晴らしいものばかりだ。

 

編集履歴

2017/03/30

  • GIFPaperのミラーリングを追記しました
  • 画像が表示されていなかった部分を修正しました

 

– Ads & Featured Contrents –